倉敷 岡山 ガラスコート Ripica

岡山・倉敷を拠点に頑張ってます^^ こだわりの車磨き職人のブログです。各種パーツ持ち込み取り付けもOK~。

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
 

☆ MINI COOPER SD CROSSOVER ☆ 

お花見。。行かれましたか


私は先週の土曜日に行って来ましたよ。


曇り空で途中ちょこっと雨が降ってましたけどね。


ウチのメンバーはCampで慣れてますので。。。。sk001.jpg


いや~、ほぼ満開でした。。。やっぱ桜はいいですねぇ


sk002.jpg sk003.jpg sk004.jpg





さあ今夜も頑張ってUPUPですぢゃ



今回のお車はこちら。。。。。


c1001_20170409160255d8f.jpg c1002_2017040916025625b.jpg


BMW MINI COOPER SD  CROSSOVER  ALL4


カラー/ラピス・ラグジュアリー・ブルー・ソリッドxブラック


オーナーのTさま。。。。。


このたびは数ある施工店の中から当店へのご依頼、誠にありがとうございます。


またこちらのTさまに当店をご紹介くださったM倉敷さん感謝、感謝です。


当店のお客さまのMINIも何台かそちらでお世話になっております。。。


今後ともどうぞ宜しくお願い致します。



それでは早速作業に取り掛からせて頂きます。。。


まずは、いつも通りのマスキングから


c2001_201704091602576d7.jpg c2002_20170409160230e0d.jpg c2003_2017040916023123a.jpg c2004_20170409160233f34.jpg c2005_20170409160234a72.jpg c2006_20170409160235cb2.jpg c2007_20170409160237405.jpg c2008_20170409160209728.jpg c2009_20170409160211c91.jpg c2010_20170409160212316.jpg c2011_20170409160214db1.jpg


当店ではたとえ新車であっても必ずひと磨き(下地処理)をさせて頂いております。


特にこういったダークカラーのお車は念入りにさせて頂いてます。


とは言っても、そんなにガンガン磨くわけではありませんのでご安心くださいませ


その磨きの際にバフが当たってキズが入らないように。。。


出来るだけ隅々までキッチリと磨きたいのでいわゆる保護ですね。


お客さまからお預かりした大切なお車ですので



さあ、それではポリッシング。。。スタートです。c3001_201704091602156ec.jpg c3002_20170409160216cea.jpg



いつもの相棒。。ギヤアクションP&ウレタンバフで


ボンネットから。。。。。c3003_20170409160142477.jpg


c3005_2017040916014649f.jpg c3004_20170409160143175.jpg c3006_20170409160146294.jpg


こんな感じでパネル1枚1枚キッチリと磨き上げていきます。


残りのパネルも同様に。。。。。


c3007_201704091601490d0.jpg c3008_20170409160149cf0.jpg c3009_20170409160113c06.jpg c3010_20170409160115940.jpg c3011_2017040916011605f.jpg c3012_2017040916011822f.jpg c3013_20170409160119545.jpg c3014_20170409160121dfc.jpg c3015_201704091600484aa.jpg c3016_2017040916005029b.jpg c3017_20170409160051e27.jpg c3018_20170409160053040.jpg c3019_201704091600546c3.jpg c3020_20170409160056049.jpg c3021_201704091600216e2.jpg c3022_20170409160023dcb.jpg c3023_201704091600248a2.jpg c3024_20170409160026d7f.jpg c3025_20170409160027dc4.jpg c3026_20170409160028c72.jpg c3027_20170409155955283.jpg c3028_20170409155957ddc.jpg c3029_20170409155958092.jpg c3030_20170409160000fa5.jpg c3031_201704091600016a5.jpg c3032_201704091600033c6.jpg c3033.jpg



ポリッシング。。終了~


こちらが磨き上がったCOOPERくんですぢゃ


c4001_20170409155925316.jpg c4002_201704091559269ed.jpg c4003_20170409155928ea1.jpg c4004_201704091559295b3.jpg c4005_20170409155931cf1.jpg c4006_20170409155858ea7.jpg c4007_20170409155900c81.jpg c4008_20170409155901915.jpg c4009_20170409155903756.jpg c4010_20170409155904d56.jpg c4011_20170409155906677.jpg c4012_201704091558359b2.jpg c4013_20170409155836cf5.jpg c4014_20170409155838239.jpg c4015_201704091558393e8.jpg


濃い色のお車はこのひと磨きするだけで光沢度増しちゃいます


ただし、これはあくまでも副産物的なもの。。。


ここでの一番の目的はコート剤との密着度を上げてやるってことなんです


ボディー表面を完全どスッピンにしておいた方がより密着度がUPしますからね。


あと、小キズとかも可能な限り除去しておきます。


せっかくのGlass coat ですからね、下地はここくらいまでには仕上げておきたいものです。


手間と時間は掛かりますが。。。これも私の「こだわり」なんです





それでは。。。


コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート材。。。。。b6009.jpg

この2タイプのコート材をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。。。

Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。

m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg

大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。

(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

当店ではこのコート材をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。

上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。


これもまた、私の「こだわり」ですかね



1st coat 。。。いっちゃいますよ。c5001_20170409155841d06.jpg c5002_20170409155842189.jpg



ボンネットから。。。。。


c5003_201704091558078f2.jpg c5004_20170409155808034.jpg c5005_20170409155810e0f.jpg c5006_20170409155811abc.jpg c5007_20170409155813187.jpg c5008_20170409155814b28.jpg


               


c5009_20170409155741229.jpg c5010_20170409155743a02.jpg c5011_2017040915574468e.jpg




ルーフ。。。。。


c5022_2017040915563659d.jpg c5023_20170409155637f79.jpg c5024_2017040915563918b.jpg


            


c5025_2017040915564051a.jpg c5026_201704091556428ce.jpg c5027_2017040915560464f.jpg c5028_20170409155605eb8.jpg c5029_201704091556072ab.jpg c5030_201704091556081a5.jpg



こんな感じでパネル1枚1枚キッチリと仕上げていきます。


カウルパネル、フェンダーアーチ等々こういった樹脂パネルにもキッチリと。。。


c5012_2017040915574517e.jpg c5013_201704091557477f2.jpg c5014_20170409155749d7a.jpg


さあ、こんな感じで残りのパネルも。。。。。


c5015_20170409155707073.jpg c5016_20170409155709a77.jpg c5017_20170409155710e00.jpg c5018_201704091557124a8.jpg c5019_20170409155713193.jpg c5020_201704091557151c6.jpg c5021_2017040915563409b.jpg c5031_20170409155610f2a.jpg c5032_201704091556115b4.jpg c5033_20170409155531f54.jpg c5034_20170409155533306.jpg c5035_201704091555346ae.jpg c5036_2017040915553692b.jpg c5037_20170409155537c31.jpg c5038_2017040915553928c.jpg c5039_201704091555046f2.jpg c5040_20170409155505123.jpg c5041_201704091555073fe.jpg c5042_20170409155508050.jpg c5043_20170409155510169.jpg c5044_20170409155511f99.jpg c5045_2017040915542533c.jpg c5046_20170409155427183.jpg c5047_20170409155428bb7.jpg c5048_20170409155429d23.jpg c5049_20170409155431fc7.jpg c5050_2017040915543245b.jpg c5051_20170409154131e59.jpg c5052_20170409154132cb9.jpg c5053_20170409154134c44.jpg c5054_201704091541356a3.jpg c5055_20170409154137b1c.jpg



更に。。。


c5056_20170409154138421.jpg c5057_201704091541061a9.jpg c5058_2017040915410790d.jpg c5059_20170409154109710.jpg c5060.jpg c5061.jpg c5062.jpg c5063.jpg c5064.jpg c5065.jpg c5066.jpg c5067.jpg c5068.jpg c5069.jpg


各ドアの内側、各ピラー。。。等々にも同じくコートです


もし、この車が私自身のだとしたら。。。


ここまではしていて欲しいって思う所やっておきました。


更に、更に。。。。。


c5070.jpg c5071.jpg c5072.jpg


アルミホイール。。。ここもキッチリと施工させて頂いております。


ブレーキダストの汚れから守ってくれます。


最後に取り外しておいたワイパーアーム、ナンバープレート等にも


c5073.jpg



1st coat 終了~。。。。。c5074.jpg 。。。。。ふぅ。。。



で、この日の作業はここまで。。。


この状態で翌朝までブース内にて硬化乾燥をさせておきます。


このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなってしまいます。


同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますからね。


これもまたまた私の「こだわり」なんです




。。。と、いうわけで。。。。。

     
     。
     。
     。。。。グガアァ~・・ンゴゴゴゴ・・グガァ~
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。


で、もって。。。こちらがCOOPERくんの寝起き画像となります



c6001_20170409153946f0f.jpg c6002_20170409153947af4.jpg c6003_20170409153948545.jpg c6004_20170409153950c84.jpg c6005_20170409153951b5d.jpg c6006_2017040915392046e.jpg c6007_2017040915392358a.jpg c6008_2017040915392433b.jpg c6009_201704091539254b6.jpg c6010_20170409153926920.jpg c6011_20170409153928984.jpg c6012_201704091538518ef.jpg



どうでしょうかもうこれで充分な程の輝き方してますよ。


なんですが。。。。。


欲どおしい私としましては更なる光沢を と、言うことで



2nd coat 。。。いっちゃいます。。。c7001_20170409153853bf6.jpg c7002_20170409153854dd6.jpg



作業そのものは1st coat とほとんど同じなんですけど。。。


このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。


1st coat で使用した Hi Glass coat もかなりの優れものなんですけど


当店ではその Hi Glass coat をベースコートとして


Top coat にこのTHP-PROを使っております。


ただし、施工方法にちょいとばかしコツが必要となりますがね



さあ、それでは作業スタート。。。


1st coat と同じような画像ですが。。お許しを



c7003_20170409153856d9b.jpg c7005_201704091538599ce.jpg c7006_20170409153826a4a.jpg


             


c7007_20170409153828ccc.jpg c7008_2017040915382940d.jpg c7009_2017040915383164b.jpg



それではここからは一気にいかせて頂きます。



c7010_20170409153832268.jpg c7011_20170409153833567.jpg c7012_20170409153801464.jpg c7013_2017040915380349a.jpg c7014_201704091538047d2.jpg c7015_2017040915380582e.jpg c7016_20170409153807db4.jpg c7017_201704091538090c4.jpg c7018_201704091537364d9.jpg c7019_20170409153737c7a.jpg c7020_201704091537397aa.jpg c7021_201704091537408ea.jpg c7022_201704091537425a6.jpg c7023_20170409153743473.jpg c7024_20170409153713240.jpg c7025_201704091537151a7.jpg c7026_2017040915371649b.jpg c7027_20170409153718307.jpg c7028_20170409153719c7f.jpg c7029_20170409153721da5.jpg c7030_20170409153643e70.jpg c7031_20170409153644355.jpg c7032_201704091536463f1.jpg c7033_20170409153647089.jpg c7034_20170409153649ba4.jpg c7035_201704091536502e7.jpg c7036_201704091536175e1.jpg c7037_20170409153619d3a.jpg c7038_20170409153620923.jpg c7039_201704091536223da.jpg c7040_20170409153623b4d.jpg c7041_20170409153625401.jpg c7042_2017040915355176e.jpg c7043_20170409153553f49.jpg c7044.jpg c7045.jpg c7046.jpg c7047.jpg c7048.jpg



エンジンルーム内にも。。。。。c7049.jpg c7050.jpg


ナンバープレートだって2コートですよ。。。。。c7052.jpg


c7051.jpg 今回はOPでボンネット裏にも。。。。。



で、最後にいつもの硬化具合をチェックするためのサンプルを採ってc7053.jpg


一番下のちっこいブルーのスポンジです。


こいつの硬化具合をみて納車日を決めております。


このGlass coat のコート材はMAX硬度になるまでには施工後約1週間掛かります。


なので当店では施工して直ぐに納車。。。てのは無理なんですよぉ。。すんません。


そのあたりがGlass coatと、ガラス系コートとの大きな違いですね。。硬化するコート材かそうではないか。。です。



2nd coat 終了です。。。。。c7054.jpg c7055.jpg


ブース内の湿度がやや高めなのでエアコンONで2時間くらい除湿しておきます。


このGlass coat 。。施工するにあたって空調設備は絶対に必要なんですよねぇ。。。


ホント手間の掛かるコート材ですよ。。。ケド。。Goodです



で、もって。。。。。


こちらが完成画像となります。



c8001_20170409153500b2d.jpg c8002_2017040915350147b.jpg c8003_20170409153503b63.jpg c8004_20170409153504bad.jpg c8005_20170409153424d75.jpg c8006_201704091534267cd.jpg c8007_20170409153427696.jpg c8008_20170409153429448.jpg c8009_20170409153430e7c.jpg c8010_201704091534326b4.jpg c8011_20170409153355600.jpg c8012_20170409153357936.jpg c8013_20170409153358231.jpg c8014_20170409153400df7.jpg c8015_2017040915340106a.jpg c8016_20170409153403415.jpg c8017_20170409153326fc1.jpg c8018_201704091533281f2.jpg c8019_201704091533295d8.jpg c8020_2017040915333126c.jpg c8021_20170409153332df9.jpg c8022_20170409153334cdd.jpg c8023_2017040915330023b.jpg c8024_20170409153302b1b.jpg c8025_20170409153303559.jpg c8026_2017040915330597d.jpg c8027_20170409153306a30.jpg c8028_20170409153308458.jpg c8029_2017040915322905e.jpg c8030_20170409153231f35.jpg c8031_2017040915323222f.jpg c8032_20170409153233c08.jpg c8033_20170409153235592.jpg c8034_20170409153236fa0.jpg c8035_20170409152307295.jpg c8036_20170409152309f83.jpg c8037_20170409152310eff.jpg c8038_201704091523122ca.jpg c8039_201704091523131de.jpg c8040_20170409152315991.jpg c8041_20170409152240bea.jpg c8042_2017040915224224b.jpg c8043_20170409152243abd.jpg c8044_201704091522452ab.jpg c8045_20170409152246455.jpg c8046_20170409152248968.jpg c8047_20170409152146567.jpg c8048_20170409152147107.jpg c8049_20170409152149818.jpg c8050_201704091521501da.jpg c8051_20170409152152929.jpg c8052_2017040915215491b.jpg c8053_20170409152119c85.jpg c8054.jpg c8055.jpg c8056.jpg c8057.jpg c8058.jpg c8059.jpg c8060.jpg c8061.jpg c8062.jpg c8063.jpg c8064.jpg c8065.jpg c8066.jpg



どうでしょうか。。とってもイイ感じに仕上がりましたよ


いつも通りキッチリとコートさせて頂きました。


あとはこのままこのブース内で納車まで硬化乾燥をさせておきます。


Tさまにお渡し出来る頃には更に輝いてますよ


このコート材は硬化すればするほど光沢度もUPしてきますからね。



ここから先はTさまのお手入れしだいですよ


この光沢を少しでも永く保つには「コマメな洗車」です。


当面は水洗いだけでOKですので。。。


汚れたら放置しないで速攻、「洗車」です。


とにかく一度洗車をしてみてくださいませ。。。


ホントあっという間に終わっちゃいますから 是非是非



今回も納得の作品に仕上がりました。。。ありがとうございました


またこれを機会に今後とも何かございましたらその節にはどうぞ宜しくお願い致します。



それでは最後に、いつものスッキリどや顔を。。。。。


c9002_2017040915202773b.jpg c9001_20170409152026a4f.jpg


ほっほぉ。。。男前ですぢゃあ



てなワケで。。。


私、そろそろ限界に近づいております


例のごとく。。。。。落ちます。。。。。それでは、また


。。。グガアァ~・・ンゴゴゴゴ・・グガァ~



スポンサーサイト

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2017/04/10 Mon. 00:51    TB: 0    CM: 0

☆ MAZDA ROADSTER ☆ 

今週末に花見の予定なんですケドぉ・・・・・


なんか、お天気悪そうですよねぇ


皆さんも今週末に予定されてる方、多いのでは。。。


祈りましょう。。。




あっ、さて


今回のお車はこちら。。。。。


r1001_201703312330110ef.jpg r1002_2017033123301294e.jpg


マツダ ロードスター


オーナーのTさま。。。


実は以前乗られてたコペンも当店で施工させて頂いてまして。。。


今回のこちらのロードスターもと。。。ありがとうございます


こうしてリピートくださるお客さまって本当に嬉しいですねぇ感謝、感謝です。



さあ今回も気合い入れてピッカピカに仕上げさせて頂きますよ~



まずはいつも通りの洗車から。。。


r1003_201703312330144ad.jpg r1004_20170331232945981.jpg


特に下回り、タイヤ、ホイル、タイヤハウス。。。あたりは念入りに


ポリッシング、コーティングの際に砂一粒でも噛んでしまったら大変なことになってしまいますからね。



それでは、ブースに入れて拭き取りをしながらボディーチェックです。


r1005_20170331232947e22.jpg r1006_20170331232948134.jpg r1007_2017033123294905a.jpg r1008_20170331232951121.jpg r1009_20170331232952422.jpg


隙間に入った水分もエアーでキレイに吹き飛ばして。。。


水分はGlass coat の大敵ですからね。


で、ちょいとばかし気になったキズが数か所ありましたが。。。


この次の工程で処理できればいいのですが



てなワケで、ひと磨きする前の下準備。。。


マスキング。。ますきんぐ


これは凄くだいじな工程なんですよ。。。地味ですけど


これをキッチリとやっておけば磨き手が気にせず出来るだけ隅の方までバフを当てられますからね。



r2001_201703312329147b7.jpg r2002_20170331232916692.jpg r2003_201703312329178f3.jpg r2004_201703312329190e4.jpg r2005_20170331232920321.jpg r2006_2017033123292290f.jpg r2007_20170331232848ce7.jpg



ポリッシング準備完了~       r3001_20170331232850ec6.jpg r3002_201703312328513ce.jpg


いつもの相棒。。ギヤアクションP&ウレタンバフ 研磨剤はRipicaスーパーコンパウンド超微粒子


チェックの際に気になったキズはシングルアクションPを使って研磨していきます。


では、ポリッシング。。。スタート



r3003_20170331232853810.jpg r3004_20170331232854281.jpg r3005_20170331232856be2.jpg r3006_20170331232748fad.jpg r3007_20170331232749a0b.jpg r3008_20170331232751dfc.jpg r3009_20170331232752d13.jpg r3010_20170331232754b53.jpg r3011_201703312327552a8.jpg r3012_20170331232703fba.jpg r3013_20170331232704382.jpg r3014_20170331232705add.jpg r3015_201703312327070f4.jpg r3016_20170331232709a71.jpg r3017_20170331232710a4a.jpg r3018_20170331232623f62.jpg r3019_20170331232625376.jpg r3020_20170331232626d89.jpg r3021_20170331232628b89.jpg r3022_201703312326297b5.jpg



。。。と、こんな感じでパネル1枚1枚キッチリと磨き上げていきます。


で、磨き上がった画像がこちらです。


r4001_201703312326316d1.jpg r4002_201703312325461fc.jpg r4003_20170331232547884.jpg r4004_2017033123254962f.jpg r4005_201703312325503df.jpg r4006_20170331232552744.jpg r4007_20170331232553ecf.jpg r4008_2017033123251656c.jpg r4009_201703312325170dd.jpg r4010_201703312325192cc.jpg r4011_20170331232520529.jpg r4012_20170331232522caf.jpg r4013.jpg r4014.jpg r4015.jpg



どうでしょうかイイ感じに磨き上がりましたよ


この時点で既に新車よりも輝いてますよ


もちろん、バフが入りきれない所はハンドポリッシャーでキッチリと


これでやっと下地処理が完了したワケです。


手間と時間は掛かってしまいますがこれをキッチリとやっておかないと私の気が納まりませんので


下地処理をやることによって擦りキズ、線キズ、水染み。。。等々の除去


それと、何よりもここでの一番の目的はコート材との密着度を上げてやるってことですから


ボディー表面に付着しているシリコンの除去。。。これ凄くだいじです。


で、結果このように光沢度もUPしちゃいますからね


新車だから洗車して即コート。。。てなワケにはいかないのです


これもまた私の「こだわり」なんですよ。





それでは。。。


コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート材。。。。。b6009.jpg

この2タイプのコート材をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。。。

Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。

m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg

大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。

(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

当店ではこのコート材をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。

上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。


これもまた、私の「こだわり」ですかね




1st coat 。。。いっちゃいます。r5001_20170331232440d2a.jpg r5002_2017033123244215d.jpg



まずはボンネットから。。。。。


r5003_201703312324432c5.jpg r5004_20170331232444442.jpg r5005_20170331232410465.jpg


             


r5006_20170331232411d43.jpg r5007_20170331232413a5e.jpg r5008_20170331232414404.jpg



こんな感じでパネル1枚1枚キッチリと仕上げていきます。


では、残りのパネル。。。一気にいかせて頂きます。


r5011_20170331232336fd0.jpg r5012_20170331232337e70.jpg r5013_20170331232338ac5.jpg r5014_20170331232340851.jpg r5015_20170331232342497.jpg r5016_20170331232343a87.jpg r5017_20170331232301f14.jpg r5018_2017033123230346c.jpg r5019_20170331232304c96.jpg r5020_20170331232306db4.jpg r5021_20170331232307859.jpg r5022_20170331232309cb4.jpg r5023_2017033123222959d.jpg r5024_201703312322318c3.jpg r5025_20170331232232259.jpg r5026_201703312322344ef.jpg r5027_20170331232235ddc.jpg r5028_20170331232237901.jpg r5031_20170331232200f98.jpg r5032_20170331232201f05.jpg r5033_20170331232203e5e.jpg r5034_20170331232204e86.jpg r5035_2017033123213234b.jpg


更にはこういった所にも。。。


r5009_2017033123241679e.jpg r5010_20170331232418941.jpg r5029_2017033123215711c.jpg r5038_20170331232136980.jpg r5039_201703312321387f8.jpg r5042_20170331232032a31.jpg


小さな抵抗なのかもしれませんけど、カウルパネル、ワイパーアーム、フューエルリッド内部にもコートです。


ただし、ホイール、ドアを開けた内側のピラー、ナンバープレート等にはかなりの効果ありです。


洗車の際にこういった所に付いた水滴を軽く拭き取って頂くだけで結構キレイを持続しますので


是非お忘れなく。。です



で。。。1st coat 終了です。   r5043_20170331232033576.jpg r5044_201703312320347e4.jpg



この日の作業はここまで。。。


この状態で明日の朝までこのブース内にて硬化乾燥をさせておきます。


このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなってしまいますからね


同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚を稼ぐことができますので


時間とか効率とかを本当はしっかりと考えていかないと駄目なんでしょうけど。。。


それを優先してしまうと本来私が目指しているコーティングには辿り着けないんですよね。


「妥協点は常に高く


「求めるものはお客さまの笑顔


決して「ええ格好」で言っているワケではありません。


常日頃からそう思いながら作業させて頂いてますので。。。


これもまた私の「こだわり」なんです



。。。と、いうわけで。。。。。

     
     。
     。
     。。。。グガアァ~・・ンゴゴゴゴ・・グガァ~
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。


私も一晩寝かせて頂いて。。。Power UP ですぢゃ。



でもって、こちらが寝起きのRoadster くんの画像です。


r6001_20170331232036eae.jpg r6002_20170331232037177.jpg r6003_20170331231816c9e.jpg r6004_20170331231817799.jpg r6005_20170331231819f01.jpg r6006_20170331231820976.jpg r6007_20170331231822381.jpg r6008_20170331231823056.jpg r6009_20170331231747b1e.jpg r6010_20170331231749443.jpg r6011_2017033123175064e.jpg r6012_20170331231752e36.jpg r6013_201703312317534bf.jpg


表面が硬化した分光沢度も上がってます。


これだけでも充分な感じなんですが。。。。。


欲どおしい私としましてはまだまだって感じでして



更にもう1コート。。。。。


2nd coat 。。。いっちゃいます。r7001_201703312317558b0.jpg r7002_2017033123171401c.jpg


作業内容は1st coat と殆ど同じなんですけど


このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。


ボンネットから



r7003_20170331231716adf.jpg r7004_20170331231717e06.jpg r7005_20170331231719f99.jpg


             


r7006_20170331231720bd4.jpg r7007_2017033123172277e.jpg r7008_20170331231642c6b.jpg



では、残りのパネル。。。一気にいかせて頂きます。


r7009_20170331231644d37.jpg r7010_201703312316451b8.jpg r7011_20170331231647f65.jpg r7012_20170331231649197.jpg r7013_20170331231650d2a.jpg r7014_2017033123161171c.jpg r7015_20170331231613169.jpg r7016_20170331231614b08.jpg r7017_2017033123161629c.jpg r7018_2017033123161747d.jpg r7019_20170331231619a89.jpg r7020_20170331231536169.jpg r7021_20170331231538cca.jpg r7022_20170331231539939.jpg r7023_20170331231541598.jpg r7024_20170331231542d4a.jpg r7025_201703312315446c6.jpg r7026_201703312315145c0.jpg r7027_20170331231516cbe.jpg r7028_20170331231517662.jpg r7029_20170331231519fb7.jpg r7030_20170331231520b1d.jpg r7031_20170331231522b23.jpg r7032_20170331231438087.jpg r7033_20170331231439a34.jpg r7034_201703312314411bf.jpg r7035_201703312314425a8.jpg r7036_20170331231444b44.jpg r7037_20170331231445977.jpg r7038_20170331231408d1a.jpg r8042_20170331231030556.jpg r7039_20170331231410c34.jpg r7040_201703312314114a3.jpg



2nd coat 終了~。。。r7041_20170331231413ecf.jpg r7043_20170331231416d44.jpg


いつも通り隅々までキッチリとコートさせて頂きました。


このまま少しの間、硬化乾燥させておいて。。。


取り外していたワイパーアーム等を組み付けて。。。



こちらが完成画像となります


r8001_201703312313234b3.jpg r8002_201703312313241d8.jpg r8003_20170331231325f8d.jpg r8004_2017033123132702e.jpg r8005_20170331231328f1b.jpg r8006_20170331231330369.jpg r8007_20170331231254cc5.jpg r8008_20170331231255a0b.jpg r8009_20170331231257f5b.jpg r8010_201703312312588e5.jpg r8011_201703312313003f6.jpg r8012_20170331231301f01.jpg r8013_20170331231225f32.jpg r8014_20170331231227b7b.jpg r8015_20170331231228050.jpg r8016_20170331231230c50.jpg r8017_20170331231231f9d.jpg r8018_2017033123123360a.jpg r8019_20170331231200736.jpg r8020_201703312312015ba.jpg r8021_20170331231203e9e.jpg r8022_2017033123120477d.jpg r8023_2017033123120641e.jpg r8024_20170331231207a26.jpg r8025_2017033123113114d.jpg r8026_20170331231133b93.jpg r8027_20170331231134243.jpg r8028_20170331231136795.jpg r8029_201703312311379d4.jpg r8030_20170331231139c9b.jpg r8031_201703312311043d4.jpg r8032_201703312311068eb.jpg r8033_201703312311075a9.jpg r8034_2017033123110965e.jpg r8035_201703312311102da.jpg r8036_201703312311128fe.jpg r8037_20170331231022478.jpg r8038_20170331231024c5e.jpg r8039_20170331231025552.jpg r8040_201703312310271d3.jpg r8041_201703312310280a9.jpg r8042_20170331231030556.jpg r8043_20170331230956c5c.jpg r8044_201703312309577d4.jpg r8045_20170331230958f6d.jpg r8046_20170331231000163.jpg r8047_201703312310016d7.jpg r8048_20170331231003caa.jpg r8049_201703312308203c6.jpg r8050_201703312308224cb.jpg r8051_201703312308230ce.jpg r8052_2017033123082562a.jpg r8053_20170331230826584.jpg r8054_20170331230828d1e.jpg r8055_201703312307461b9.jpg r8056_20170331230748156.jpg r8057_20170331230749dc3.jpg r8058_20170331230750f13.jpg r8059.jpg r8060.jpg r8061.jpg r8062.jpg r8063.jpg r8064.jpg



どうでしょういつも通りバッチリ仕上がりましたよ


ちと画像が増えちゃいましたが。。


Open状態もカッコいいんで。。。こちらもUPさせて頂きました。


渋くてとってもイイ感じですねぇ。。。この車にバッチリのカラーです


Glass coat で更に引き立ってますよ。



ここから更に4日ほどこのブース内で硬化乾燥させておきます。


Tさまにお渡しする頃には更に光沢度もUPしてますよ


そこから先はTさまのお手入れしだいですよ。


しっかりと洗車してあげてくださいませ。



今回も納得の作品に仕上がりました。。。ありがとうございました


今後もまた何かございましたらその節にはどうぞ宜しくお願い致します。



最後にいつものスッキリどや顔を。。。。。


r9001_20170331230718448.jpg


おお~ Goodですぢゃ




んなワケで。。。今夜も限界が近づいてますデス。。。


そろそろ、グガァァァァーーさせて頂きます。


それでは、また。。。。。



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2017/04/05 Wed. 01:21    TB: 0    CM: 0

☆ DAIHASTU CANBUS ☆ 

ちわ


突然ですが。。。


今回のお車はこちら。。。。。


c1001_20170326012822a87.jpg c1002_201703260128242eb.jpg


ダイハツ CANBUS X LTDメイクアップSAⅡ


カラー/パールホワイトⅢⅹファインミントメタリック。。。


とっても可愛い色ですよねぇ


実はこのCANBUSくん、当店でデモカーにしようと思ってたんですけど


たまたま来られた当店のお客さま(Nさま)が「買う」ってことになりまして


昨年の11月からずぅぅ~~~っとお預かりしておりました


なんでも、娘さんが免許取るまで「置いといてぇ~」。。。と


で、今回晴れて免許取られて納車。。。となるハズだったんですが


免許は、まだみたいッス (納車はさせて頂きました)


でも、いいねぇ最初から新車なんて。。。ご両親に感謝しないとね



8インチナビ(パノラマモニター付き)は最初から取り付けてありましたので


今回追加のOPは。。。。。c1003_20170326012825765.jpg ドラレコとETC


あとはシートカバー、バイザー。。。etc


そしてGlass coat もありがとうございます



早速、室内の作業をやっちゃいましょう。


c1004_2017032601280250a.jpg c1006_2017032601280557f.jpg c1007_20170326012806be6.jpg c1010_2017032601273112c.jpg c1011_20170326012732408.jpg


いつも通り配線はキッチリとです。



ほい、Glass coat いっちゃいますよ


マスキング。。ますきんぐ。。。。。


c2001_20170326012734682.jpg c2002_201703260127369df.jpg c2003_201703260127372f1.jpg c2004_201703260127388bc.jpg c2005_20170326012706183.jpg c2006_201703260127071d0.jpg c2007_201703260127093a8.jpg


メッキパーツが多いですねぇ。。。


よっしゃ、コート前のひと磨きです。。。c3001_2017032601271017f.jpg c3002_20170326012712c59.jpg


いつもの相棒。。。ギヤアクションP&ウレタンバフで


研磨剤はRipicaスーパーコンパウンド超微粒子(ノンシリコン)


たとえ新車でもここはキッチリ磨いておきませんとね


コート剤とボディー表面との間には何もない方がより密着度がUPしますから



それでは研磨スタートです。


c3003_201703260127138cb.jpg c3004_20170326012637128.jpg c3005_20170326012639f40.jpg c3006_20170326012640500.jpg c3007_20170326012642ba1.jpg c3008_2017032601264335b.jpg c3009_20170326012645ccd.jpg c3010_201703260126122b7.jpg c3011_20170326012614e83.jpg c3012_20170326012615c51.jpg c3013_20170326012617ca7.jpg c3014_20170326012618cbb.jpg c3015_20170326012620b8d.jpg c3016_2017032601253980b.jpg c3017_20170326012540a6f.jpg c3018_20170326012542dea.jpg c3019_20170326012543afe.jpg c3020_20170326012545a7c.jpg c3021_20170326012547c06.jpg c3022_20170326012514d70.jpg


ポリッシング。。終了~


こちらが完全どスッピン状態になったCANBUSくんになります。


c4001_20170326012516763.jpg c4002_201703260125176c7.jpg c4003_2017032601251830a.jpg c4004_20170326012519c5c.jpg c4005_2017032601252168a.jpg c4006_20170326012444231.jpg c4007_20170326012446985.jpg c4008_201703260124474d2.jpg


画像では判断しにくいかも分かりませんが。。。


すでにこの時点で新車よりも輝いてますよ



これでやっと下地処理が完了したワケです。


何と言ってもコーティングはこの下地処理が一番大切ですからね




それでは。。。


コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤。。。。。b6009.jpg

この2タイプのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。。。

Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。

m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg

大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。

(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

当店ではこのコート剤をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。

上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。


これも私の「こだわり」ですかね



1st coat 。。。いっちゃいます。c5001_201703260124491de.jpg c5002_201703260124515e8.jpg


空気は超乾燥してますねぇ。。。施工後に加湿器が必要になりそうです。


先ほども説明させて頂きましたが、湿度が低すぎたら硬化スピードは遅くなります。


施工中はかえってこれくらいの方がやり易いんですけどね



まずはボンネットから。。。。。


c5003_20170326012452194.jpg c5004_20170326012420fba.jpg c5005_20170326012422555.jpg


こんな感じでパネル1枚1枚キッチリと仕上げていきます。


カウルパネルにも。。。。。c5006_20170326012423bb3.jpg


それでは残りのパネル。。。一気にいかせて頂きます。


c5007_201703260124254f3.jpg c5008_20170326012426382.jpg c5009_201703260124287f9.jpg c5010_20170326012340c0a.jpg c5011_20170326012342b75.jpg c5012_2017032601234372f.jpg c5013_2017032601234574f.jpg c5014_201703260123464bf.jpg c5015_20170326012347a19.jpg c5016_20170326012316ffe.jpg c5017_201703260123173e5.jpg c5018_20170326012319dfa.jpg c5019_20170326012321730.jpg c5020_201703260123222d9.jpg c5021_20170326012324f9d.jpg c5022_20170326012249afc.jpg c5023_20170326012251e71.jpg c5024_2017032601225213f.jpg c5025_20170326012254c91.jpg c5026_2017032601225502a.jpg c5027_20170326012257bdc.jpg c5028_2017032601220445f.jpg c5029_20170326012206e37.jpg c5030_20170326012207a8c.jpg c5031_20170326012209864.jpg c5032_201703260122114d4.jpg c5033_201703260122129d5.jpg c5034_201703260121384c6.jpg



更にこういった所にも。。。しっかりとコートです


c5035_20170326012139ba5.jpg c5036_20170326012141d21.jpg c5037_20170326012143fdb.jpg c5038_20170326012144360.jpg c5039_20170326012145f22.jpg c5040_20170326012114b7c.jpg


外観がキレイでもドアを開けたらドロドロ


ホイルキャップ(ホイル)にブレーキダストが付着してドロドロ


ナンバープレートに虫が付いて跡が取れない。。。プレートが白ボケる。。。等々


こういったこともこのGlass coat しておけば洗車の際に軽く洗い流すだけでOK


ドアを開けた内側。。ピラーも洗車後に軽く水滴を拭き取るだけでOK


ホントGlass coat しておけば洗車が超楽ちんになって毎回洗うのが楽しくなりますよ。


ただし、Glass coat は万能薬でも特効薬でもありません。。。


「Glass coat してるから大丈夫」。。ではありません。


基本、汚れたら洗車 コマメな洗車これが鉄則です。


水洗いだけで充分ですしホント簡単に汚れが取れちゃいますので


このCANBUSクラスのお車でしたら洗車から拭き取りまで慣れれば30分もあればOKですよ。


是非是非、お試しくださいませ



。。。え~~と、どこまででしたっけ


あっ、そうそう。。。1st coat が終わったとこでした。



c5041_20170326012116669.jpg c5042_201703260121177af.jpg


で、この日の作業はここまで。。。


この状態でこのまま朝までブース内にて硬化乾燥させておきます。


このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなってしまいますので。。。


同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますからね。


時間も手間も掛かってしまいますが、これもまた私の「こだわり」なんです



。。。と、いうわけで。。。。。

     
     。
     。
     。。。。グガアァ~・・ンゴゴゴゴ・・グガァ~
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。


こちらが寝起きのCANBUSちゃんです。


c6001_20170326012119623.jpg c6002_20170326012120c1a.jpg c6003_20170326012122464.jpg c6004_20170326012050ad5.jpg c6005_2017032601205135d.jpg c6006_20170326012052729.jpg c6007_201703260120555f9.jpg c6008_201703260120552b5.jpg


一晩経ち硬化した分光沢度もUPしてます。


これだけでも充分な感じなんですけどねぇ。。。。


冗談ですよ



2nd coat  いっちゃいますよ。。。c7001_201703260120578f4.jpg c7002_2017032601133979d.jpg



作業内容は1st coat と殆ど同じなんですけど


このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。


では。。。一気に



c7003_20170326011340082.jpg c7005_20170326011343e84.jpg c7006_20170326011345635.jpg c7007_2017032601134663f.jpg c7008_20170326011314cb7.jpg c7009_2017032601131665e.jpg c7010_20170326011317778.jpg c7011_2017032601131961d.jpg c7012_20170326011320f51.jpg c7013_20170326011322402.jpg c7014_20170326011251ffc.jpg c7015_201703260112523d1.jpg c7016_201703260112535df.jpg c7017_20170326011255e15.jpg c7018_2017032601125652a.jpg c7019_201703260112585a1.jpg c7020_20170326011226f03.jpg c7021_20170326011227fa8.jpg c7022_201703260112283ca.jpg c7023_201703260112301d7.jpg c7024_201703260112310ab.jpg


2nd coat 終了~


このTHP-PROをTop coat として施工し始めて2年以上が経過しましたが


おかげさまで施工されたお客さまにもとっても喜んで頂いております


ただ、施工にはちょいとばかしコツが必要となりますがね


当店のデモカーもTEST施工して3年近くなりますがまだまだ撥水し続けてますよ。


気になるデポジットも殆ど見られませんし。。。


この状態を維持するのにやってることは「洗車」だけです。


しかもシャンプー無しの水洗いのみです。


汚れたら洗車。。。それだけです。


デポジットが出来るスキを与えないってことですよ。



さてっと。。。CANBUSちゃん


こちらが完成画像となります。



c8001_20170326010829db8.jpg c8002_2017032601083071a.jpg c8003_20170326010832c32.jpg c8004_201703260108335a0.jpg c8005_20170326010834fdb.jpg c8006_2017032601080007e.jpg c8007_20170326010802796.jpg c8008_20170326010803090.jpg c8009_20170326010805558.jpg c8010_20170326010806e03.jpg c8011_20170326010808625.jpg c8012_20170326010734fd1.jpg c8013_20170326010735b66.jpg c8014_201703260107375a1.jpg c8015_201703260107382db.jpg c8016_20170326010740ff1.jpg c8017_20170326010741082.jpg c8018_20170326010706df9.jpg c8019_201703260107074e5.jpg c8020_2017032601070950b.jpg c8021_201703260107108a2.jpg c8022_20170326010712340.jpg c8023_20170326010713cdf.jpg c8024_20170326010637315.jpg c8025_20170326010639cdc.jpg c8026_20170326010640fbb.jpg c8027_20170326010642487.jpg c8028_20170326010643a33.jpg c8029_2017032601064529b.jpg c8030_20170326010611131.jpg c8031_20170326010613141.jpg c8032_20170326010614294.jpg c8033_2017032601061677d.jpg c8034_20170326010618d77.jpg c8035_2017032601061907d.jpg c8036_201703260105428b2.jpg c8037_201703260105440c2.jpg c8038_20170326010546833.jpg c8039_20170326010547512.jpg c8040_20170326010548e27.jpg c8042_20170326010550a7b.jpg



とってもイイ感じに仕上がりましたよ


いつも通り可能な限り隅々までキッチリとコートさせて頂きました。


爽やかな色がこのGlass coat によって更に際立ってますね。



今回も納得の作品に仕上がりました。。。ありがとうございました


事故しないように安全運転ですよ


そして、可愛がってあげてくださいませ。



最後にいつものスッキリどや顔を。。。。。


c9001_20170326010525af8.jpg


おおー可愛いですねぇ。。。




取り扱いで何か不明な点などありましたらいつでもご連絡くださいませ


今回も本当にありがとうございました




カテゴリ: ガラスコート(新車)

[edit]

Posted on 2017/04/01 Sat. 01:18    TB: 0    CM: 0

☆ HONDA FIT SHUTTLE ☆ 

今年の桜は早いのか遅いのか。。。


花見の日程が組みづらいですねぇ


皆さんはもう決められましたか?





さっ、今夜も頑張ってUPさせて頂きますよ~



今回のお車はこちら。。。。。


f1001_2017032021540089a.jpg f1002_20170320215402854.jpg


HONDA FIT SHUTTLE HYBRID カラー/ブラックパール  走行/37000Km


オーナーのNさま。。。


先日このブログでもUPさせて頂きましたが。。


NISSAN DAYZのコーティングもご依頼くださいました。


その節はありがとうございました


実はこちらのFIT。。施工前に一度お預かりさせて頂いて


クォーターパネルとドアパネルの鈑金塗装をさせて頂きました。


こちらが修理前の画像となります。。。


ff001.jpg ff001a.jpg ff002.jpg


これはさすがに私のバフマジックではどうにもなりませんので


いつもお世話になってる 「IMPRESSION」さんにお任せです。


仕事が丁寧でとても頼りになる塗装屋さんですよ。


で、修理後は。。。。。


ff2001.jpg ff2002.jpg


バッチリです


このままお預かりしてコーティング。。。ってなワケにはいかないのがGlass coat なんです。


基本的には10日~2週間くらいは間を空けて頂いております。


塗料が完全に乾くのを待たないでコートした場合。。。


Glass coat の透明感が損なわれるからです。


コート剤が硬化する際に塗料から出される、いわゆるガスがコート被膜の中に入り込み


クスミが出るのだと考えております。


なので当店では塗装後直ぐにはコーティングは出来ません。。。


これも私の「こだわり」なんです


Nさまにも約2週間ほどこの状態でお乗り頂きました。



で、今回改めてのご入庫です。。。f1003_201703202154034bd.jpg


全体的に小キズ・線キズ・クスミ。。。ちょいとばかし多いですね


f1004_20170320215405484.jpg f1005_201703202154063f3.jpg f1006_20170320215407f8f.jpg f1007_201703202153309c7.jpg f1008_20170320215331bbe.jpg f1009_20170320215333ea7.jpg f1010_201703202153349d9.jpg f1011_20170320215336f10.jpg f1012_20170320215338c7b.jpg f1013_20170320215241aa2.jpg f1014_20170320215242946.jpg


。。。。と、ざっとこんな感じです。


普段毎日乗られていれば皆さんこんな感じですよね


さっ、まずは洗車、洗車。。。


f1015_20170320215244f8c.jpg f1016_20170320215246423.jpg f1017_201703202152473bd.jpg


黒はこんな感じ。。水をかけたときの状態になればキレイに見えるんですよ。


目指すはこの感じです


洗車後、いつものように拭き取りをしながら再度状態をチェックです。


f1018_20170320215248cea.jpg f1019_20170320215205385.jpg f1020_2017032021520785c.jpg f1021_20170320215208297.jpg f1022_20170320215210086.jpg


パッと見、キレイに見えますけどね。。。



よっしゃあ作業スタートです


マスキング。。ますきんぐ



f2001_2017032316065037e.jpg f2002_20170323160652d1d.jpg f2003_20170320215134f6b.jpg f2004_20170320215136c95.jpg f2005_20170320215136956.jpg f2006_20170320215138caf.jpg f2007_20170320215140ef8.jpg f2008_201703202151410f0.jpg f2009_201703202150026eb.jpg f2010_201703202150042bb.jpg f2011_201703202150067cf.jpg f2012_2017032021500723d.jpg f2013.jpg f2014.jpg f2015.jpg



今回は新車ではありませんからねぇ。。。いつもよりもしっかり目にマスキングです。



では、ポリッシング。。。いっちゃいますよ


f3001_2017032021493611c.jpg f3002_201703202148499c3.jpg


基本は3cut 。。。状態を視ながら2cut だったり4cut だったりとなります。


出来る限りオリジナルの塗装は残したいですからね



ボンネット。。。。。


f2016.jpg f2017.jpg f2018.jpg f2019.jpg


キズ・染み・クスミ。。。。。多数です


1st cut 。。。。。


f3004_2017032021485380c.jpg f3005_20170320214854efd.jpg


2nd cut 。。。。。


f3006_20170320214855229.jpg f3007_2017032021485790f.jpg


シングルアクションPでバフは研磨剤ごとに交換です。。f3008_201703202147429dc.jpg


とりあえず分かり易いようにボンネット3分の1はまだ磨いておりません。


で、仕上げにいつものギヤアクションP&ウレタンバフで


f3009_20170320214744e02.jpg f3010_201703202147453be.jpg f3011_20170320214747e6f.jpg




f3012_2017032021474808a.jpg f3013_20170320214750af4.jpg f3014.jpg


向かって左側が研磨前の状態です。



でもって、こちらが残りも磨き上げた画像となります。


f3019.jpg f3021.jpg f3022.jpg


と、まあこんな感じでパネル1枚1枚キッチリと仕上げていきます。


結構神経使いますよ。。時間も掛かりますしね。。


でも最終的には。。いつも言ってますが


「お客さまの笑顔」ですから


その一瞬の笑顔で全てが報われちゃいます


磨きをされてる方はみんな同じではないですかねぇ。


さあ残りのパネルもこんな感じで磨き上げていきまっせ~



フロント回り。。。。。


f3023.jpg f3025.jpg f3026.jpg f3028.jpg f3029.jpg f3030.jpg f3031.jpg f3032.jpg f3033.jpg f3034.jpg f3035.jpg


フロント回り。。。終了~


f3036.jpg f3037.jpg f3038.jpg


イイ感じに磨き上がってますよ



次。。ちと大変なルーフいっちゃいます


研磨前。。。。。。


f3056.jpg f3057.jpg f3058.jpg f3059.jpg f3060.jpg f3061.jpg f3062.jpg f3063.jpg f3064.jpg f3065.jpg



研磨スタート~


f3066.jpg f3067.jpg f3068.jpg f3069.jpg f3070.jpg f3071.jpg f3072.jpg f3073.jpg f3074.jpg f3075.jpg f3076.jpg f3077.jpg


ルーフ。。。研磨完了


f3078.jpg f3079.jpg f3080.jpg f3091.jpg f3093.jpg f3094.jpg f3095.jpg



こちらもイイ感じに磨き上がりましたね。。


ただ、樹液か強烈な鳥の糞かは分かりませんが完全には取り除けなくて


少し跡が残ってしまいましたけど、あまり深追いはしない方がいいですからね。



それでは残りのパネル。。。この調子で一気に


f3041.jpg f3043.jpg f3045.jpg f3046.jpg f3047.jpg f3048.jpg f3049.jpg f3050.jpg f3051.jpg f3052.jpg f3053.jpg f3054.jpg f3055.jpg


ポリッシャーが入らない所はハンドポリッシャーでキッチリと。。。


そんなこんなでポリッシング終了です。。。


ふぅ。。。もう腕がパンパンっす


でも、この工程が一番大切ですからね


手抜きは出来ません



で、もってこちらが磨き上がって完全どスッピン状態になったFITくんになります


f4001_201703202138598cc.jpg f4002_20170320213901413.jpg f4003_20170320213902b22.jpg f4004_201703202139043f6.jpg f4005_20170320213830ab5.jpg f4006_20170320213832f34.jpg f4007_201703202138335f0.jpg f4008_20170320213835281.jpg f4009_2017032021383613e.jpg f4010_2017032021383869f.jpg f4011_201703202137525d9.jpg f4012_20170320213753254.jpg f4013_2017032021375560e.jpg f4014_20170320213756441.jpg f4015_20170320213758a8e.jpg f4016_201703202137597fc.jpg f4017_20170320213714b01.jpg f4018_2017032021371565e.jpg f4019_20170320213717308.jpg f4020_20170320213718e62.jpg f4021_20170320213719ef0.jpg f4023_20170320213648e47.jpg


どうでしょうかまだコート前ですがここまで復活しました


。。。って、これが私の「こだわりの下地処理」なんです。


時間が掛かってもやはり自分自身が納得出来るまで磨き上げる。。。


こだわりを持って磨き上げている職人さんは皆同じだと思いますよ。


どんなに凄い、どんなに高価なコート剤を使って施工しても


この下地処理がいい加減だと出来上がったものもそれなりになってしまうと思います。


結果、お客さまからは笑顔は頂けないんだと。。常に私はそう考えます。。。(ほっほぉ



それでは。。。


コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤。。。。。b6009.jpg

この2タイプのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。。。

Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。

m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg

大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。

(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

当店ではこのコート剤をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。

上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。


これも私の「こだわり」ですかね



1st coat 。。。。。f5001_20170320213650974.jpg f5002_20170320213651766.jpg



ボンネット。。。。。


f5003_2017032021365332c.jpg f5004_20170320213654090.jpg f5005_201703202136560e9.jpg


             


f5006_20170320213616db8.jpg f5007_20170320213618510.jpg f5008_20170320213619600.jpg



こんな感じでコーティングもパネル1枚1枚キッチリと仕上げていきます。


ルーフ。。。。。


f5017_20170320213555e30.jpg f5018_201703202135006ed.jpg f5019.jpg


             


f5020.jpg f5021.jpg f5022.jpg



残りのパネル。。。一気にいっちゃいます


f5009_20170320213621828.jpg f5010_20170320213622d66.jpg f5011_201703202136245e2.jpg f5012_20170320213548ccf.jpg f5013_201703202135491a0.jpg f5014_20170320213550cb5.jpg f5015_2017032021355255f.jpg f5016_201703202135548ee.jpg f5023.jpg f5024.jpg f5025.jpg f5026.jpg f5027.jpg f5028.jpg f5029.jpg f5030.jpg f5031.jpg f5032.jpg f5033.jpg f5034.jpg f5035.jpg f5041_20170323234444112.jpg f5042.jpg



更にこういった所にも。。。キッチリとコートです。


f5036.jpg f5037.jpg f5038.jpg f5039.jpg f5040.jpg f5045.jpg


ドアを開けたらドロドロだった。。。てのはいただけませんからねぇ


可能な範囲ですがここにもコートしておきます。


洗車後についた水滴を軽く拭き取って頂くだけで充分ですので洗車の際にはお忘れなく。。です。


それと、ナンバープレートもワイパーアームもキッチリと研磨させて頂いた上でコートしております。


特にナンバープレートには効果絶大ですよ。


これからあったかくなってくると虫たちがプレート目がけて飛び込んできますからねぇ


こんなときにGlass coat してたらホント簡単に洗い流せてしまいますから


是非是非体験してみてくださいませ



でもって、1st coat 終了~。。。f5043.jpg f5044.jpg


この日の作業はここまで。。。


この状態で一晩放置しておきます。


このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなってしまいますので。。。


同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますからね。


これもまた私の「こだわり」なんです





。。。と、いうわけで。。。。。

     
     。
     。
     。。。。グガアァ~・・ンゴゴゴゴ・・グガァ~
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。


で、こちらが寝起きの私です。。。。。。はい要らないねぇおいおい。


すんません


こちらが寝起きのFITくんですぢゃ


f6001_201703202132406f6.jpg f6002_20170320213207095.jpg f6003_20170320213209dc9.jpg f6004_2017032021321064b.jpg f6005_20170320213212cdd.jpg f6006_20170320213213417.jpg f6007_2017032021321470a.jpg f6008_201703202131401c3.jpg f6009_20170320213142c5e.jpg f6010_201703202131436f1.jpg f6011_20170320213145248.jpg


おおーー私と違って朝っぱらからスッキリしとるなあ


昨夜はまだコートしたてで殆ど液体が乗っかてるって感じでしたが


一晩置いたことによって硬化した分光沢度がUPしたと言うことです


このコート剤は硬化すればするほど光沢度が増してきますので



さあ欲どおしい私としましては更なる光沢度UPを目指して。。。。。


更にもう1コート。。。。。


2nd coat 。。。。。いっちゃいますよf7001_201703202131465c8.jpg f7002_20170320213148615.jpg


作業内容は1st coat と殆ど同じなのですが


このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。



f7003_20170320213113992.jpg f7004.jpg f7005.jpg


             


f7007.jpg f7008.jpg f7009.jpg


画像では1st coat と同じに見えちゃいますが、ちょいとばかしコツ(技)が必要となります


カウルパネルにも2コートです。。。。。f7010.jpg


では、ここからは一気に。。。。。


f7011.jpg f7012.jpg f7013.jpg f7014.jpg f7015.jpg f7016.jpg f7017.jpg f7018.jpg f7019.jpg f7020.jpg f7021.jpg f7022.jpg f7023.jpg f7024.jpg f7025.jpg f7026.jpg f7027.jpg f7028.jpg f7029.jpg f7030.jpg f7031.jpg f7032.jpg f7033.jpg f7034.jpg f7035.jpg f7036.jpg f7037.jpg f7038.jpg


2nd coat 終了です。。。。。


1st coat の1.5倍強の時間が掛かります。


いつも通り一番最後の画像のブルーのちっこいスポンジ。。


乾燥硬度をチェックするためにサンプルとしてコート剤を染み込ませてあります。


こいつの硬化具合をみて納車日を決めております。


なので当店では施工後即納車。。なんてのはまず無理ですので



で、2時間ほど経って取り外しておいた部品を組み付けて。。。。。



こちらが完成画像となります。


f8001_201703202128197d1.jpg f8002_2017032021282180d.jpg f8003_20170320212822a36.jpg f8004_20170320212749265.jpg f8005_201703202127518d7.jpg f8006.jpg f8007.jpg f8008.jpg f8009.jpg f8010.jpg f8011.jpg f8012.jpg f8013.jpg f8014.jpg f8015.jpg f8016.jpg f8017.jpg f8018.jpg f8019.jpg f8020.jpg f8021.jpg f8022.jpg f8023.jpg f8024.jpg f8025.jpg f8026.jpg f8027.jpg f8028.jpg f8029.jpg f8030.jpg f8031.jpg f8032.jpg f8033.jpg f8034.jpg f8035.jpg f8036.jpg f8037.jpg f8038.jpg f8039.jpg f8040.jpg f8041.jpg f8042.jpg f8043.jpg f8044.jpg f8045.jpg f8046.jpg f8047.jpg f8048.jpg f8049.jpg f8050.jpg f8051.jpg f8052.jpg f8053.jpg f8054.jpg f8055.jpg f8056.jpg



ごめんなさいねぇ。。。またまた画像が多いですけど


これもまた私の「こだわり」のひとつなんですよねぇ。


付き合いもない、初めて行くような店にご自分が大切にされている愛車を預けてくださるわけですから


ご依頼頂いた以上は私にはお客さまにこの施工内容を出来る限り事細かくお伝えする義務があると考えてますので。。。


言わばこれは「作業日報」なんですよね。


もしも私がお客さまの立場だったら。。。って考えたときこの日報的なブログしか思い浮かばなかったもので


んなワケでして長ぁ~~い作業日報ですがこれからもお付き合いのほど宜しくお願い致します




今回も納得の作品に仕上がりました。。。Nさま本当にありがとうございました


これを機にまた何かございましたら、その節にはどうぞ宜しくお願い致します



最後にいつものスッキリどや顔を。。。。。


f9001_20170320212341ea4.jpg


おおー Goodですぢゃ



更に更に。。。。。なんぢゃ、なんぢゃ


Before Afterを


f1010_201703202153349d9.jpg f8050.jpg



f1021_20170320215208297.jpg f8005_201703202127518d7.jpg



f1003_201703202154034bd.jpg f8002_2017032021282180d.jpg



f1004_20170320215405484.jpg f8001_201703202128197d1.jpg



f1002_20170320215402854.jpg f8004_20170320212749265.jpg



f1008_20170320215331bbe.jpg f8013.jpg



めっちゃ眠たくなってきましたのでこれくらいにしときます


だめぢゃ。。。もう限界


チェックする気力もないっす。。。


おやすみなさいませぇぇぇぇ




カテゴリ: ガラスコート(中古車)

[edit]

Posted on 2017/03/20 Mon. 22:41    TB: 0    CM: 0

☆ VELLFIRE Z G-EDITION ☆ 

毎日いい天気ですねぇ


「春」って感じです。


どっか行きてぇのぉぉぉ。。。と、ちとボヤいてみました


が、もう少しの間は頑張らないと




んなワケで


今回のお車はこちら。。。。。


v1001_20170315233431aea.jpg v1002_2017031523343248d.jpg


TOYOTA ヴェルファイア  Z Gエディション カラー/ブラック(202)


毎回言ってますが。。。面積広いっス


けど。。。いいですねぇ。。乗るならセカンドシートがいいですね


実はこちらのお車。。先月にご依頼頂いてたんですけど


施工が混んでまして少しお時間をあけて頂いてのご入庫となりました。


お待たせしてすみませんでした



さあ、それでは早速作業に取り掛からせていただきます


まずは洗車してと。。。v1003_20170315233434f71.jpg v1004_20170315233407aaf.jpg


v1005_20170315233410cee.jpg 拭き取りをしながらボディーチェック。。。


大きなダメージはありませんでした


ただ、薄い線キズがチラホラ。。。黒ですから仕方ないですけどね。


よっしゃ、いつも通りの「こだわりのひと磨き」いっちゃいますか


ポリッシングの前にちょいと下準備を。。。


キッチリと磨き上げるためには


いつものマスキングです。。。



v2001_2017031523341054b.jpg v2002_2017031523341204a.jpg v2003_20170315233413890.jpg v2004_20170315233415d85.jpg v2005_20170315233337ca9.jpg v2006_2017031523333910f.jpg v2007_20170315233341752.jpg v2008_20170315233342cdd.jpg v2009_201703152333449b3.jpg v2010_2017031523334540c.jpg



ポリッシング準備完了。。。v3001_20170315233304905.jpg v3002_201703152333051e1.jpg


ギヤアクションP&ウレタンバフ 研磨剤はRipicaスーパーコンパウンド超微粒子(ノンシリコン)



コーティング前のひと磨き。。。ここが一番大切な工程ですからね



v3003_20170315233307d48.jpg v3004_201703152333089c4.jpg v3005_20170315233310239.jpg v3006_20170315233311e56.jpg v3007_20170315233238f03.jpg v3008_201703152332406ce.jpg v3009_201703152332426a7.jpg v3010_20170315233243aa4.jpg v3011_20170315233245fa0.jpg v3012_20170315233246a78.jpg v3013_20170315233214c41.jpg v3014_2017031523321627e.jpg v3015_2017031523321756c.jpg v3016_201703152332194e2.jpg v3017_20170315233220bbd.jpg v3018_20170315233222290.jpg v3019_20170315233148c07.jpg v3020_20170315233150c96.jpg v3021_20170315233151112.jpg v3022_20170315233153fbd.jpg v3023_201703152331541b1.jpg v3024_20170315233156a1a.jpg v3025_2017031523311516b.jpg v3026_20170315233116b1a.jpg v3027_20170315233118a39.jpg v3028_201703152331190f9.jpg v3029_201703152331216b2.jpg v3030_20170315233122ab4.jpg v3032_20170315233051711.jpg v3033_2017031523305344c.jpg v3034_201703152330555c8.jpg v3035_201703152330563f4.jpg v3036_20170315233058845.jpg v3037_20170315233019461.jpg


ポリッシング終了です。。。


いつも通りキッチリと研磨させて頂きました。。。腕パンパンですけど


ポリッシャーが入らない所はハンドポリッシャー



で、こちらが完全どスッピン状態になったヴェルファイアくんですわ


v4001_20170315233020ff2.jpg v4002_20170315233022fcc.jpg v4003_201703152330233d6.jpg v4004_20170315233025b76.jpg v4005_2017031523302683f.jpg v4006_2017031523295273b.jpg v4007_20170315232954b4f.jpg v4008_2017031523295509b.jpg v4009_20170315232957c85.jpg v4010_20170315232958bd0.jpg v4011_201703152330000be.jpg v4012_20170315232927109.jpg


どうでしょうかこの時点で新車よりも輝いてますよ。


Glass coatはこの磨き上がったボディーの表面に硬い被膜を形成するわけですので


この下地処理がいかに重要かってことになります。


小キズなどを残したままGlass coat で蓋をしてしまうとあとで取ろうにもGlass coat の下となってしまいますからね。


けど、ここでの一番の目的はコート剤とボディー表面との密着度を上げてやるってことにあります。


コート剤とボディー表面との間には何もない方がいいに決まってますから。



私はコーティングするにあたってこの下地処理が一番重要な工程だと常に思ってます。


なのでいかに手間と時間が掛かってもここはキッチリとやっておかないと気が済まないんですわ


これもまた私の「こだわり」のひとつです。






それでは。。。


コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤。。。。。b6009.jpg

この2タイプのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。。。

Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。

m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg

大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。

(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

当店ではこのコート剤をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。

上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。


これも私の「こだわり」ですかね




1st coat  いっちゃいます。。。v5001_20170315232928165.jpg v5002_20170315232930d56.jpg


しっかりと乾燥しきってますねぇ。。


施工は非常にやり易い環境ですが、後の硬化乾燥には加湿器が必要になるかもですね。



まずは。。ボンネット


v5003_20170315232931e9b.jpg v5004_201703152329338e7.jpg v5005_20170315232934c77.jpg


              


v5007_20170315232905bc3.jpg v5008_20170315232907b55.jpg v5009_201703152329081ae.jpg


こんな感じでパネル1枚1枚キッチリと仕上げていきます。


では、残りのパネルも一気にいかせて頂きます。


v5010_20170315232910ff5.jpg v5011_20170315232911278.jpg v5012_20170315232833c90.jpg v5013_201703152328357bc.jpg v5014_20170315232836cc1.jpg v5015_20170315232838ddb.jpg v5016_201703152328397b3.jpg v5017_20170315232841e61.jpg v5018_201703152328080d7.jpg v5019_20170315232810237.jpg v5020_20170315232812b16.jpg v5021_201703152328132dd.jpg v5022_2017031523281486d.jpg v5023_201703152328166fd.jpg v5024_2017031523274507c.jpg v5025_2017031523274738f.jpg v5026_20170315232748651.jpg v5027_20170315232750203.jpg



更にはこういった所にも。。。


v5028_20170315232751af0.jpg v5029_2017031523275398a.jpg v5030_20170315232720fa5.jpg v5031_2017031523272211b.jpg v5032_20170315232723d30.jpg v5033_20170315232725d28.jpg v5034_20170315232726ef1.jpg v5035_20170315232728e9c.jpg



こういった所にコートしておけば洗車の際に水滴を軽く拭き取るだけで結構長い間キレイを維持できますよ。


ボディーと違って入り込んでますしデコボコしてますし。。。非常にコートし難いです。


それこそ時間と手間が掛かっちゃいますし。。。


けど、こういった所をキレイにされてたらドアを開けた瞬間から気持ちいいですからね


「自分の車だったらここまではしてて欲しい」。。。って思った所はキッチリと施工してます。



で、この日の作業はここまで。。。


v5036_20170315232657cd4.jpg v5037_20170315232659b5c.jpg


この状態で一晩放置しておきます。


このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなってしまいますので。。。


同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますからね。


これもまた私の「こだわり」なんです




。。。と、いうわけで。。。。。

     
     。
     。
     。
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。


そして私もフルチャージ。。。Power全開ですわ



こちらが寝起きのVくん


v6001_20170315232700e29.jpg v6002_201703152327021db.jpg v6003_20170315232703b21.jpg v6004_20170315232705839.jpg v6005_20170315232634e3c.jpg v6006_20170315232635822.jpg


どうですか。。。画像ではお分かり難いでしょうかねぇ。。。


一晩寝かせたことによって硬度がUPして光沢度も上がってます。


因みにこのコート剤は硬化すればするほど光沢度もUPします。


これだけでも充分な感じですが。。。


いっちゃいますよ。。。2nd coat    v7001_20170315232637726.jpg


施工そのものは1st coat と殆ど同じなんですけど


このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます



ボンネットから。。。。。


v7003_20170315232640a59.jpg v7004_2017031523264138f.jpg v7005_20170315232609a37.jpg


             


v7006_2017031523261143e.jpg v7007_20170315232612306.jpg v7008_20170315232614e4c.jpg



こんな感じで1st coat 同様、パネル1枚1枚キッチリと仕上げていきます。


これでコート被膜厚は確実に増すことになりますね。。ば~い



んなワケで、残りのパネル。。。一気にいかせて頂きます。


v7009_20170315232615500.jpg v7010_20170315232617424.jpg v7011_20170315232543a49.jpg v7012_20170315232544dd0.jpg v7013_20170315232546908.jpg v7014_20170315232547efe.jpg v7015_20170315232549d12.jpg v7016_2017031523255006f.jpg v7017_2017031523251780a.jpg v7018_2017031523251972a.jpg v7019_20170315232520436.jpg v7020_20170315232522650.jpg v7021_20170315232523562.jpg v7022_20170315232525991.jpg v7023_201703152324534d9.jpg v7024_20170315232454888.jpg v7025_201703152324558ad.jpg v7026_20170315232456301.jpg v7027_20170315232458d2e.jpg v7028_20170315232500193.jpg v7029_20170315231846a93.jpg v7030_20170315231848ea7.jpg v7031_20170315231849397.jpg v7032_20170315231851e46.jpg v7033_20170315231852c2d.jpg



いつものように硬化具合チェック用にサンプルを採り。。(最後の画像のブルーのちっこいスポンジ)


2nd coat 終了~。。。ふぅさすがに堪えました


で、少しの間はこのまま硬化乾燥させておき取り外しておいたものを取り付けて。。。



こちらが完成画像となります。


v8001_20170315231854527.jpg v8002_201703152318156bd.jpg v8003_2017031523181794c.jpg v8004_20170315231818503.jpg v8005_201703152318206e7.jpg v8006_20170315231821a98.jpg v8007_2017031523182352b.jpg v8008_201703152317495c8.jpg v8009_20170315231751fe4.jpg v8010_20170315231756e6f.jpg v8011_20170315231756ded.jpg v8012_20170315231756178.jpg v8013_201703152317574fe.jpg v8014_20170315231726f30.jpg v8015_20170315231728c68.jpg v8016_201703152317290cd.jpg v8017_201703152317314b9.jpg v8018_201703152317326cd.jpg v8019_20170315231734f51.jpg v8020_201703152317022ca.jpg v8021_20170315231704df4.jpg v8022_20170315231705cd0.jpg v8023_20170315231707456.jpg v8024_2017031523170984b.jpg v8025_2017031523171048a.jpg v8026_20170315231639220.jpg v8027_20170315231641254.jpg v8028_20170315231642eb3.jpg v8029_20170315231643faf.jpg v8030_20170315231645a67.jpg v8031_20170315231617d3a.jpg v8032_20170315231535d8b.jpg v8033_2017031523153750e.jpg v8034_2017031523153845b.jpg v8035_201703152315401f5.jpg v8036.jpg v8037.jpg v8038.jpg v8039.jpg v8040.jpg v8041.jpg v8042.jpg v8043.jpg v8044.jpg v8045.jpg v8046.jpg v8047.jpg v8048.jpg v8049.jpg v8050.jpg v8051.jpg v8052.jpg


どうでしょうか。。特にこの色の濃いお車には深みのある艶やかな感じがいいですよね


Glass coat ならではないでしょうか。


いつものように可能な限り隅々までキッチリとコートさせて頂きました。



今回も納得の作品に仕上がりました。。。ありがとうございました


ここから先はCさまのお手入れしだいですよ


コマメな洗車。。。これが一番ですからね。


何日に一回。。。ではなく、汚れたら洗車です。


ブラックボディーは管理が大変ですけど


しっかりと愛情を注いであげればこれくらい綺麗な色はありませんからね。


Glass coat していれば洗車は超~楽ちんですので


慣れればお出かけ前の1時間でも充分可能ですよ。



それでは最後にいつものスッキリどや顔を。。。。。


v9001_20170315231418272.jpg v9002.jpg


おお~、男前ぢゃあ




Cさま本当にありがとうございました。


また何かございましたらその節にはどうぞ宜しくお願い致します




何とか持ちました。。。が、もう限界でございますぅ


落ちます。。。おやすみなさいませ



カテゴリ: ガラスコート(新車)

[edit]

Posted on 2017/03/16 Thu. 00:06    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード