倉敷 岡山 ガラスコート Ripica

岡山・倉敷を拠点に頑張ってます^^ こだわりの車磨き職人のブログです。各種パーツ持ち込み取り付けもOK~。

02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03
 

☆ HONDA FIT SHUTTLE ☆ 

今年の桜は早いのか遅いのか。。。


花見の日程が組みづらいですねぇ


皆さんはもう決められましたか?





さっ、今夜も頑張ってUPさせて頂きますよ~



今回のお車はこちら。。。。。


f1001_2017032021540089a.jpg f1002_20170320215402854.jpg


HONDA FIT SHUTTLE HYBRID カラー/ブラックパール  走行/37000Km


オーナーのNさま。。。


先日このブログでもUPさせて頂きましたが。。


NISSAN DAYZのコーティングもご依頼くださいました。


その節はありがとうございました


実はこちらのFIT。。施工前に一度お預かりさせて頂いて


クォーターパネルとドアパネルの鈑金塗装をさせて頂きました。


こちらが修理前の画像となります。。。


ff001.jpg ff001a.jpg ff002.jpg


これはさすがに私のバフマジックではどうにもなりませんので


いつもお世話になってる 「IMPRESSION」さんにお任せです。


仕事が丁寧でとても頼りになる塗装屋さんですよ。


で、修理後は。。。。。


ff2001.jpg ff2002.jpg


バッチリです


このままお預かりしてコーティング。。。ってなワケにはいかないのがGlass coat なんです。


基本的には10日~2週間くらいは間を空けて頂いております。


塗料が完全に乾くのを待たないでコートした場合。。。


Glass coat の透明感が損なわれるからです。


コート剤が硬化する際に塗料から出される、いわゆるガスがコート被膜の中に入り込み


クスミが出るのだと考えております。


なので当店では塗装後直ぐにはコーティングは出来ません。。。


これも私の「こだわり」なんです


Nさまにも約2週間ほどこの状態でお乗り頂きました。



で、今回改めてのご入庫です。。。f1003_201703202154034bd.jpg


全体的に小キズ・線キズ・クスミ。。。ちょいとばかし多いですね


f1004_20170320215405484.jpg f1005_201703202154063f3.jpg f1006_20170320215407f8f.jpg f1007_201703202153309c7.jpg f1008_20170320215331bbe.jpg f1009_20170320215333ea7.jpg f1010_201703202153349d9.jpg f1011_20170320215336f10.jpg f1012_20170320215338c7b.jpg f1013_20170320215241aa2.jpg f1014_20170320215242946.jpg


。。。。と、ざっとこんな感じです。


普段毎日乗られていれば皆さんこんな感じですよね


さっ、まずは洗車、洗車。。。


f1015_20170320215244f8c.jpg f1016_20170320215246423.jpg f1017_201703202152473bd.jpg


黒はこんな感じ。。水をかけたときの状態になればキレイに見えるんですよ。


目指すはこの感じです


洗車後、いつものように拭き取りをしながら再度状態をチェックです。


f1018_20170320215248cea.jpg f1019_20170320215205385.jpg f1020_2017032021520785c.jpg f1021_20170320215208297.jpg f1022_20170320215210086.jpg


パッと見、キレイに見えますけどね。。。



よっしゃあ作業スタートです


マスキング。。ますきんぐ



f2001_2017032316065037e.jpg f2002_20170323160652d1d.jpg f2003_20170320215134f6b.jpg f2004_20170320215136c95.jpg f2005_20170320215136956.jpg f2006_20170320215138caf.jpg f2007_20170320215140ef8.jpg f2008_201703202151410f0.jpg f2009_201703202150026eb.jpg f2010_201703202150042bb.jpg f2011_201703202150067cf.jpg f2012_2017032021500723d.jpg f2013.jpg f2014.jpg f2015.jpg



今回は新車ではありませんからねぇ。。。いつもよりもしっかり目にマスキングです。



では、ポリッシング。。。いっちゃいますよ


f3001_2017032021493611c.jpg f3002_201703202148499c3.jpg


基本は3cut 。。。状態を視ながら2cut だったり4cut だったりとなります。


出来る限りオリジナルの塗装は残したいですからね



ボンネット。。。。。


f2016.jpg f2017.jpg f2018.jpg f2019.jpg


キズ・染み・クスミ。。。。。多数です


1st cut 。。。。。


f3004_2017032021485380c.jpg f3005_20170320214854efd.jpg


2nd cut 。。。。。


f3006_20170320214855229.jpg f3007_2017032021485790f.jpg


シングルアクションPでバフは研磨剤ごとに交換です。。f3008_201703202147429dc.jpg


とりあえず分かり易いようにボンネット3分の1はまだ磨いておりません。


で、仕上げにいつものギヤアクションP&ウレタンバフで


f3009_20170320214744e02.jpg f3010_201703202147453be.jpg f3011_20170320214747e6f.jpg




f3012_2017032021474808a.jpg f3013_20170320214750af4.jpg f3014.jpg


向かって左側が研磨前の状態です。



でもって、こちらが残りも磨き上げた画像となります。


f3019.jpg f3021.jpg f3022.jpg


と、まあこんな感じでパネル1枚1枚キッチリと仕上げていきます。


結構神経使いますよ。。時間も掛かりますしね。。


でも最終的には。。いつも言ってますが


「お客さまの笑顔」ですから


その一瞬の笑顔で全てが報われちゃいます


磨きをされてる方はみんな同じではないですかねぇ。


さあ残りのパネルもこんな感じで磨き上げていきまっせ~



フロント回り。。。。。


f3023.jpg f3025.jpg f3026.jpg f3028.jpg f3029.jpg f3030.jpg f3031.jpg f3032.jpg f3033.jpg f3034.jpg f3035.jpg


フロント回り。。。終了~


f3036.jpg f3037.jpg f3038.jpg


イイ感じに磨き上がってますよ



次。。ちと大変なルーフいっちゃいます


研磨前。。。。。。


f3056.jpg f3057.jpg f3058.jpg f3059.jpg f3060.jpg f3061.jpg f3062.jpg f3063.jpg f3064.jpg f3065.jpg



研磨スタート~


f3066.jpg f3067.jpg f3068.jpg f3069.jpg f3070.jpg f3071.jpg f3072.jpg f3073.jpg f3074.jpg f3075.jpg f3076.jpg f3077.jpg


ルーフ。。。研磨完了


f3078.jpg f3079.jpg f3080.jpg f3091.jpg f3093.jpg f3094.jpg f3095.jpg



こちらもイイ感じに磨き上がりましたね。。


ただ、樹液か強烈な鳥の糞かは分かりませんが完全には取り除けなくて


少し跡が残ってしまいましたけど、あまり深追いはしない方がいいですからね。



それでは残りのパネル。。。この調子で一気に


f3041.jpg f3043.jpg f3045.jpg f3046.jpg f3047.jpg f3048.jpg f3049.jpg f3050.jpg f3051.jpg f3052.jpg f3053.jpg f3054.jpg f3055.jpg


ポリッシャーが入らない所はハンドポリッシャーでキッチリと。。。


そんなこんなでポリッシング終了です。。。


ふぅ。。。もう腕がパンパンっす


でも、この工程が一番大切ですからね


手抜きは出来ません



で、もってこちらが磨き上がって完全どスッピン状態になったFITくんになります


f4001_201703202138598cc.jpg f4002_20170320213901413.jpg f4003_20170320213902b22.jpg f4004_201703202139043f6.jpg f4005_20170320213830ab5.jpg f4006_20170320213832f34.jpg f4007_201703202138335f0.jpg f4008_20170320213835281.jpg f4009_2017032021383613e.jpg f4010_2017032021383869f.jpg f4011_201703202137525d9.jpg f4012_20170320213753254.jpg f4013_2017032021375560e.jpg f4014_20170320213756441.jpg f4015_20170320213758a8e.jpg f4016_201703202137597fc.jpg f4017_20170320213714b01.jpg f4018_2017032021371565e.jpg f4019_20170320213717308.jpg f4020_20170320213718e62.jpg f4021_20170320213719ef0.jpg f4023_20170320213648e47.jpg


どうでしょうかまだコート前ですがここまで復活しました


。。。って、これが私の「こだわりの下地処理」なんです。


時間が掛かってもやはり自分自身が納得出来るまで磨き上げる。。。


こだわりを持って磨き上げている職人さんは皆同じだと思いますよ。


どんなに凄い、どんなに高価なコート剤を使って施工しても


この下地処理がいい加減だと出来上がったものもそれなりになってしまうと思います。


結果、お客さまからは笑顔は頂けないんだと。。常に私はそう考えます。。。(ほっほぉ



それでは。。。


コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤。。。。。b6009.jpg

この2タイプのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。。。

Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。

m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg

大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。

(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

当店ではこのコート剤をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。

上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。


これも私の「こだわり」ですかね



1st coat 。。。。。f5001_20170320213650974.jpg f5002_20170320213651766.jpg



ボンネット。。。。。


f5003_2017032021365332c.jpg f5004_20170320213654090.jpg f5005_201703202136560e9.jpg


             


f5006_20170320213616db8.jpg f5007_20170320213618510.jpg f5008_20170320213619600.jpg



こんな感じでコーティングもパネル1枚1枚キッチリと仕上げていきます。


ルーフ。。。。。


f5017_20170320213555e30.jpg f5018_201703202135006ed.jpg f5019.jpg


             


f5020.jpg f5021.jpg f5022.jpg



残りのパネル。。。一気にいっちゃいます


f5009_20170320213621828.jpg f5010_20170320213622d66.jpg f5011_201703202136245e2.jpg f5012_20170320213548ccf.jpg f5013_201703202135491a0.jpg f5014_20170320213550cb5.jpg f5015_2017032021355255f.jpg f5016_201703202135548ee.jpg f5023.jpg f5024.jpg f5025.jpg f5026.jpg f5027.jpg f5028.jpg f5029.jpg f5030.jpg f5031.jpg f5032.jpg f5033.jpg f5034.jpg f5035.jpg f5041_20170323234444112.jpg f5042.jpg



更にこういった所にも。。。キッチリとコートです。


f5036.jpg f5037.jpg f5038.jpg f5039.jpg f5040.jpg f5045.jpg


ドアを開けたらドロドロだった。。。てのはいただけませんからねぇ


可能な範囲ですがここにもコートしておきます。


洗車後についた水滴を軽く拭き取って頂くだけで充分ですので洗車の際にはお忘れなく。。です。


それと、ナンバープレートもワイパーアームもキッチリと研磨させて頂いた上でコートしております。


特にナンバープレートには効果絶大ですよ。


これからあったかくなってくると虫たちがプレート目がけて飛び込んできますからねぇ


こんなときにGlass coat してたらホント簡単に洗い流せてしまいますから


是非是非体験してみてくださいませ



でもって、1st coat 終了~。。。f5043.jpg f5044.jpg


この日の作業はここまで。。。


この状態で一晩放置しておきます。


このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなってしまいますので。。。


同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますからね。


これもまた私の「こだわり」なんです





。。。と、いうわけで。。。。。

     
     。
     。
     。。。。グガアァ~・・ンゴゴゴゴ・・グガァ~
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。


で、こちらが寝起きの私です。。。。。。はい要らないねぇおいおい。


すんません


こちらが寝起きのFITくんですぢゃ


f6001_201703202132406f6.jpg f6002_20170320213207095.jpg f6003_20170320213209dc9.jpg f6004_2017032021321064b.jpg f6005_20170320213212cdd.jpg f6006_20170320213213417.jpg f6007_2017032021321470a.jpg f6008_201703202131401c3.jpg f6009_20170320213142c5e.jpg f6010_201703202131436f1.jpg f6011_20170320213145248.jpg


おおーー私と違って朝っぱらからスッキリしとるなあ


昨夜はまだコートしたてで殆ど液体が乗っかてるって感じでしたが


一晩置いたことによって硬化した分光沢度がUPしたと言うことです


このコート剤は硬化すればするほど光沢度が増してきますので



さあ欲どおしい私としましては更なる光沢度UPを目指して。。。。。


更にもう1コート。。。。。


2nd coat 。。。。。いっちゃいますよf7001_201703202131465c8.jpg f7002_20170320213148615.jpg


作業内容は1st coat と殆ど同じなのですが


このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。



f7003_20170320213113992.jpg f7004.jpg f7005.jpg


             


f7007.jpg f7008.jpg f7009.jpg


画像では1st coat と同じに見えちゃいますが、ちょいとばかしコツ(技)が必要となります


カウルパネルにも2コートです。。。。。f7010.jpg


では、ここからは一気に。。。。。


f7011.jpg f7012.jpg f7013.jpg f7014.jpg f7015.jpg f7016.jpg f7017.jpg f7018.jpg f7019.jpg f7020.jpg f7021.jpg f7022.jpg f7023.jpg f7024.jpg f7025.jpg f7026.jpg f7027.jpg f7028.jpg f7029.jpg f7030.jpg f7031.jpg f7032.jpg f7033.jpg f7034.jpg f7035.jpg f7036.jpg f7037.jpg f7038.jpg


2nd coat 終了です。。。。。


1st coat の1.5倍強の時間が掛かります。


いつも通り一番最後の画像のブルーのちっこいスポンジ。。


乾燥硬度をチェックするためにサンプルとしてコート剤を染み込ませてあります。


こいつの硬化具合をみて納車日を決めております。


なので当店では施工後即納車。。なんてのはまず無理ですので



で、2時間ほど経って取り外しておいた部品を組み付けて。。。。。



こちらが完成画像となります。


f8001_201703202128197d1.jpg f8002_2017032021282180d.jpg f8003_20170320212822a36.jpg f8004_20170320212749265.jpg f8005_201703202127518d7.jpg f8006.jpg f8007.jpg f8008.jpg f8009.jpg f8010.jpg f8011.jpg f8012.jpg f8013.jpg f8014.jpg f8015.jpg f8016.jpg f8017.jpg f8018.jpg f8019.jpg f8020.jpg f8021.jpg f8022.jpg f8023.jpg f8024.jpg f8025.jpg f8026.jpg f8027.jpg f8028.jpg f8029.jpg f8030.jpg f8031.jpg f8032.jpg f8033.jpg f8034.jpg f8035.jpg f8036.jpg f8037.jpg f8038.jpg f8039.jpg f8040.jpg f8041.jpg f8042.jpg f8043.jpg f8044.jpg f8045.jpg f8046.jpg f8047.jpg f8048.jpg f8049.jpg f8050.jpg f8051.jpg f8052.jpg f8053.jpg f8054.jpg f8055.jpg f8056.jpg



ごめんなさいねぇ。。。またまた画像が多いですけど


これもまた私の「こだわり」のひとつなんですよねぇ。


付き合いもない、初めて行くような店にご自分が大切にされている愛車を預けてくださるわけですから


ご依頼頂いた以上は私にはお客さまにこの施工内容を出来る限り事細かくお伝えする義務があると考えてますので。。。


言わばこれは「作業日報」なんですよね。


もしも私がお客さまの立場だったら。。。って考えたときこの日報的なブログしか思い浮かばなかったもので


んなワケでして長ぁ~~い作業日報ですがこれからもお付き合いのほど宜しくお願い致します




今回も納得の作品に仕上がりました。。。Nさま本当にありがとうございました


これを機にまた何かございましたら、その節にはどうぞ宜しくお願い致します



最後にいつものスッキリどや顔を。。。。。


f9001_20170320212341ea4.jpg


おおー Goodですぢゃ



更に更に。。。。。なんぢゃ、なんぢゃ


Before Afterを


f1010_201703202153349d9.jpg f8050.jpg



f1021_20170320215208297.jpg f8005_201703202127518d7.jpg



f1003_201703202154034bd.jpg f8002_2017032021282180d.jpg



f1004_20170320215405484.jpg f8001_201703202128197d1.jpg



f1002_20170320215402854.jpg f8004_20170320212749265.jpg



f1008_20170320215331bbe.jpg f8013.jpg



めっちゃ眠たくなってきましたのでこれくらいにしときます


だめぢゃ。。。もう限界


チェックする気力もないっす。。。


おやすみなさいませぇぇぇぇ




スポンサーサイト

カテゴリ: ガラスコート(中古車)

[edit]

Posted on 2017/03/20 Mon. 22:41    TB: 0    CM: 0

☆ VELLFIRE Z G-EDITION ☆ 

毎日いい天気ですねぇ


「春」って感じです。


どっか行きてぇのぉぉぉ。。。と、ちとボヤいてみました


が、もう少しの間は頑張らないと




んなワケで


今回のお車はこちら。。。。。


v1001_20170315233431aea.jpg v1002_2017031523343248d.jpg


TOYOTA ヴェルファイア  Z Gエディション カラー/ブラック(202)


毎回言ってますが。。。面積広いっス


けど。。。いいですねぇ。。乗るならセカンドシートがいいですね


実はこちらのお車。。先月にご依頼頂いてたんですけど


施工が混んでまして少しお時間をあけて頂いてのご入庫となりました。


お待たせしてすみませんでした



さあ、それでは早速作業に取り掛からせていただきます


まずは洗車してと。。。v1003_20170315233434f71.jpg v1004_20170315233407aaf.jpg


v1005_20170315233410cee.jpg 拭き取りをしながらボディーチェック。。。


大きなダメージはありませんでした


ただ、薄い線キズがチラホラ。。。黒ですから仕方ないですけどね。


よっしゃ、いつも通りの「こだわりのひと磨き」いっちゃいますか


ポリッシングの前にちょいと下準備を。。。


キッチリと磨き上げるためには


いつものマスキングです。。。



v2001_2017031523341054b.jpg v2002_2017031523341204a.jpg v2003_20170315233413890.jpg v2004_20170315233415d85.jpg v2005_20170315233337ca9.jpg v2006_2017031523333910f.jpg v2007_20170315233341752.jpg v2008_20170315233342cdd.jpg v2009_201703152333449b3.jpg v2010_2017031523334540c.jpg



ポリッシング準備完了。。。v3001_20170315233304905.jpg v3002_201703152333051e1.jpg


ギヤアクションP&ウレタンバフ 研磨剤はRipicaスーパーコンパウンド超微粒子(ノンシリコン)



コーティング前のひと磨き。。。ここが一番大切な工程ですからね



v3003_20170315233307d48.jpg v3004_201703152333089c4.jpg v3005_20170315233310239.jpg v3006_20170315233311e56.jpg v3007_20170315233238f03.jpg v3008_201703152332406ce.jpg v3009_201703152332426a7.jpg v3010_20170315233243aa4.jpg v3011_20170315233245fa0.jpg v3012_20170315233246a78.jpg v3013_20170315233214c41.jpg v3014_2017031523321627e.jpg v3015_2017031523321756c.jpg v3016_201703152332194e2.jpg v3017_20170315233220bbd.jpg v3018_20170315233222290.jpg v3019_20170315233148c07.jpg v3020_20170315233150c96.jpg v3021_20170315233151112.jpg v3022_20170315233153fbd.jpg v3023_201703152331541b1.jpg v3024_20170315233156a1a.jpg v3025_2017031523311516b.jpg v3026_20170315233116b1a.jpg v3027_20170315233118a39.jpg v3028_201703152331190f9.jpg v3029_201703152331216b2.jpg v3030_20170315233122ab4.jpg v3032_20170315233051711.jpg v3033_2017031523305344c.jpg v3034_201703152330555c8.jpg v3035_201703152330563f4.jpg v3036_20170315233058845.jpg v3037_20170315233019461.jpg


ポリッシング終了です。。。


いつも通りキッチリと研磨させて頂きました。。。腕パンパンですけど


ポリッシャーが入らない所はハンドポリッシャー



で、こちらが完全どスッピン状態になったヴェルファイアくんですわ


v4001_20170315233020ff2.jpg v4002_20170315233022fcc.jpg v4003_201703152330233d6.jpg v4004_20170315233025b76.jpg v4005_2017031523302683f.jpg v4006_2017031523295273b.jpg v4007_20170315232954b4f.jpg v4008_2017031523295509b.jpg v4009_20170315232957c85.jpg v4010_20170315232958bd0.jpg v4011_201703152330000be.jpg v4012_20170315232927109.jpg


どうでしょうかこの時点で新車よりも輝いてますよ。


Glass coatはこの磨き上がったボディーの表面に硬い被膜を形成するわけですので


この下地処理がいかに重要かってことになります。


小キズなどを残したままGlass coat で蓋をしてしまうとあとで取ろうにもGlass coat の下となってしまいますからね。


けど、ここでの一番の目的はコート剤とボディー表面との密着度を上げてやるってことにあります。


コート剤とボディー表面との間には何もない方がいいに決まってますから。



私はコーティングするにあたってこの下地処理が一番重要な工程だと常に思ってます。


なのでいかに手間と時間が掛かってもここはキッチリとやっておかないと気が済まないんですわ


これもまた私の「こだわり」のひとつです。






それでは。。。


コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤。。。。。b6009.jpg

この2タイプのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。。。

Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。

m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg

大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。

(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

当店ではこのコート剤をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。

上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。


これも私の「こだわり」ですかね




1st coat  いっちゃいます。。。v5001_20170315232928165.jpg v5002_20170315232930d56.jpg


しっかりと乾燥しきってますねぇ。。


施工は非常にやり易い環境ですが、後の硬化乾燥には加湿器が必要になるかもですね。



まずは。。ボンネット


v5003_20170315232931e9b.jpg v5004_201703152329338e7.jpg v5005_20170315232934c77.jpg


              


v5007_20170315232905bc3.jpg v5008_20170315232907b55.jpg v5009_201703152329081ae.jpg


こんな感じでパネル1枚1枚キッチリと仕上げていきます。


では、残りのパネルも一気にいかせて頂きます。


v5010_20170315232910ff5.jpg v5011_20170315232911278.jpg v5012_20170315232833c90.jpg v5013_201703152328357bc.jpg v5014_20170315232836cc1.jpg v5015_20170315232838ddb.jpg v5016_201703152328397b3.jpg v5017_20170315232841e61.jpg v5018_201703152328080d7.jpg v5019_20170315232810237.jpg v5020_20170315232812b16.jpg v5021_201703152328132dd.jpg v5022_2017031523281486d.jpg v5023_201703152328166fd.jpg v5024_2017031523274507c.jpg v5025_2017031523274738f.jpg v5026_20170315232748651.jpg v5027_20170315232750203.jpg



更にはこういった所にも。。。


v5028_20170315232751af0.jpg v5029_2017031523275398a.jpg v5030_20170315232720fa5.jpg v5031_2017031523272211b.jpg v5032_20170315232723d30.jpg v5033_20170315232725d28.jpg v5034_20170315232726ef1.jpg v5035_20170315232728e9c.jpg



こういった所にコートしておけば洗車の際に水滴を軽く拭き取るだけで結構長い間キレイを維持できますよ。


ボディーと違って入り込んでますしデコボコしてますし。。。非常にコートし難いです。


それこそ時間と手間が掛かっちゃいますし。。。


けど、こういった所をキレイにされてたらドアを開けた瞬間から気持ちいいですからね


「自分の車だったらここまではしてて欲しい」。。。って思った所はキッチリと施工してます。



で、この日の作業はここまで。。。


v5036_20170315232657cd4.jpg v5037_20170315232659b5c.jpg


この状態で一晩放置しておきます。


このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなってしまいますので。。。


同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますからね。


これもまた私の「こだわり」なんです




。。。と、いうわけで。。。。。

     
     。
     。
     。
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。


そして私もフルチャージ。。。Power全開ですわ



こちらが寝起きのVくん


v6001_20170315232700e29.jpg v6002_201703152327021db.jpg v6003_20170315232703b21.jpg v6004_20170315232705839.jpg v6005_20170315232634e3c.jpg v6006_20170315232635822.jpg


どうですか。。。画像ではお分かり難いでしょうかねぇ。。。


一晩寝かせたことによって硬度がUPして光沢度も上がってます。


因みにこのコート剤は硬化すればするほど光沢度もUPします。


これだけでも充分な感じですが。。。


いっちゃいますよ。。。2nd coat    v7001_20170315232637726.jpg


施工そのものは1st coat と殆ど同じなんですけど


このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます



ボンネットから。。。。。


v7003_20170315232640a59.jpg v7004_2017031523264138f.jpg v7005_20170315232609a37.jpg


             


v7006_2017031523261143e.jpg v7007_20170315232612306.jpg v7008_20170315232614e4c.jpg



こんな感じで1st coat 同様、パネル1枚1枚キッチリと仕上げていきます。


これでコート被膜厚は確実に増すことになりますね。。ば~い



んなワケで、残りのパネル。。。一気にいかせて頂きます。


v7009_20170315232615500.jpg v7010_20170315232617424.jpg v7011_20170315232543a49.jpg v7012_20170315232544dd0.jpg v7013_20170315232546908.jpg v7014_20170315232547efe.jpg v7015_20170315232549d12.jpg v7016_2017031523255006f.jpg v7017_2017031523251780a.jpg v7018_2017031523251972a.jpg v7019_20170315232520436.jpg v7020_20170315232522650.jpg v7021_20170315232523562.jpg v7022_20170315232525991.jpg v7023_201703152324534d9.jpg v7024_20170315232454888.jpg v7025_201703152324558ad.jpg v7026_20170315232456301.jpg v7027_20170315232458d2e.jpg v7028_20170315232500193.jpg v7029_20170315231846a93.jpg v7030_20170315231848ea7.jpg v7031_20170315231849397.jpg v7032_20170315231851e46.jpg v7033_20170315231852c2d.jpg



いつものように硬化具合チェック用にサンプルを採り。。(最後の画像のブルーのちっこいスポンジ)


2nd coat 終了~。。。ふぅさすがに堪えました


で、少しの間はこのまま硬化乾燥させておき取り外しておいたものを取り付けて。。。



こちらが完成画像となります。


v8001_20170315231854527.jpg v8002_201703152318156bd.jpg v8003_2017031523181794c.jpg v8004_20170315231818503.jpg v8005_201703152318206e7.jpg v8006_20170315231821a98.jpg v8007_2017031523182352b.jpg v8008_201703152317495c8.jpg v8009_20170315231751fe4.jpg v8010_20170315231756e6f.jpg v8011_20170315231756ded.jpg v8012_20170315231756178.jpg v8013_201703152317574fe.jpg v8014_20170315231726f30.jpg v8015_20170315231728c68.jpg v8016_201703152317290cd.jpg v8017_201703152317314b9.jpg v8018_201703152317326cd.jpg v8019_20170315231734f51.jpg v8020_201703152317022ca.jpg v8021_20170315231704df4.jpg v8022_20170315231705cd0.jpg v8023_20170315231707456.jpg v8024_2017031523170984b.jpg v8025_2017031523171048a.jpg v8026_20170315231639220.jpg v8027_20170315231641254.jpg v8028_20170315231642eb3.jpg v8029_20170315231643faf.jpg v8030_20170315231645a67.jpg v8031_20170315231617d3a.jpg v8032_20170315231535d8b.jpg v8033_2017031523153750e.jpg v8034_2017031523153845b.jpg v8035_201703152315401f5.jpg v8036.jpg v8037.jpg v8038.jpg v8039.jpg v8040.jpg v8041.jpg v8042.jpg v8043.jpg v8044.jpg v8045.jpg v8046.jpg v8047.jpg v8048.jpg v8049.jpg v8050.jpg v8051.jpg v8052.jpg


どうでしょうか。。特にこの色の濃いお車には深みのある艶やかな感じがいいですよね


Glass coat ならではないでしょうか。


いつものように可能な限り隅々までキッチリとコートさせて頂きました。



今回も納得の作品に仕上がりました。。。ありがとうございました


ここから先はCさまのお手入れしだいですよ


コマメな洗車。。。これが一番ですからね。


何日に一回。。。ではなく、汚れたら洗車です。


ブラックボディーは管理が大変ですけど


しっかりと愛情を注いであげればこれくらい綺麗な色はありませんからね。


Glass coat していれば洗車は超~楽ちんですので


慣れればお出かけ前の1時間でも充分可能ですよ。



それでは最後にいつものスッキリどや顔を。。。。。


v9001_20170315231418272.jpg v9002.jpg


おお~、男前ぢゃあ




Cさま本当にありがとうございました。


また何かございましたらその節にはどうぞ宜しくお願い致します




何とか持ちました。。。が、もう限界でございますぅ


落ちます。。。おやすみなさいませ



カテゴリ: ガラスコート(新車)

[edit]

Posted on 2017/03/16 Thu. 00:06    TB: 0    CM: 0

☆ NISSAN JUKE 15RX V Urban Selection ☆ 

早いものですねぇ。。。


もう少しするとお花見ですよ


年々歳を重ねるごとに時間の過ぎるスピードが増してきてる。。。


そんなふうに思っていらっしゃる方も多いのでは。。。


昔、若かった頃には1時間が3時間くらいに感じてたのに


今では1時間なんて一瞬って感じですもんねぇ


時間。。。大事にせんとおえんなぁ



よっしゃ今夜は頑張ってUPしまっせ~


ちと、溜ってきました




今回のお車はこちら。。。。。


j1001_201703110019371f4.jpg j1002_20170311001938c51.jpg


日産 ジューク 15RX V アーバンセレクション カラー/スーパーブラック


オーナーのFさま。。。今回は本当にありがとうございました。


ご契約頂いて納車まで約2か月弱ほど掛かってしまいましたが、何とか先日お納めさせて頂きました。



今回のOPはこちら。。。j1003_2017031100194024b.jpg


ナビ(クラリオンMAX776W)・バックビューカメラ・ETC・ドライブレコーダー。。他


それと、もちろんGlass coatも



それではまずはナビその他の取り付けから。。。j1004_20170311001942040.jpg


バックビューカメラ。。。。。


最近ではメーカーOPでバックカメラパックみたいなのがよくありますが


あれって結構高いんですよね。


なので今回も私が頑張って取り付けさせて頂きました。


内張りとガーニッシュを外して。。。と


j1005_2017031100194368e.jpg j1006_20170311001944369.jpg j1007_201703110019141f4.jpg j1008_201703110019169ad.jpg


で、ちょいとばかしCUTさせていただきましたよ。j1009_20170311001917e6f.jpg


加工済みの部品もあるみたいですけどCUTすれば同じですからね。


次にカメラハーネスを通す穴開けです。


j1011_20170311001920af7.jpg 切粉が隙間に入らないようにしっかりとマスキングしておきます。


でもって、えいやあ。。と穴開けちゃいますよj1010_20170311001918055.jpg ほい。


バックカメラをマーキングしておいた場所に取り付けしっかりと防水処理を施しておきます。


j1012_20170311001922114.jpg j1013.jpg


ハーネスをバックドアの中に通す前にスポンジテープを巻いておきます。


走行中にカタカタ音がしたら嫌ですからね。j1014_20170311001853458.jpg j1015_20170311001855db7.jpg


で。。j1016_20170311001856746.jpg ここから室内に引き込みます。


あとは前まで配線して。。。j1017_2017031100185832f.jpg


バックビューカメラ。。。取り付け完了~j1026.jpg


ドラレコとETC付けて。。。j1018_20170311001859287.jpg j1019_20170311001830ef8.jpg


ETC本体はグローブBOXの中に。。。j1025.jpg


今回のこのJUKEにはステアリングリモコンがメーカーOPでしか設定がなく


それをオーダーするとナビ用GPSとTVアンテナがパッケージとなってますので


ハーネスはそちらを接続しました。


で、各ハーネスをセンターへ。。。。j1021.jpg


オーディオ用USBポートはサービスで取り付けさせて頂きました。


j1020.jpg j1023.jpg


ナビ本体を取り付けて。。。j1022.jpg


j1027.jpg バックビューカメラのガイドラインをSETして。。。



室内作業。。。終了~j1024.jpg




Glass coat 。。。。。。。。。


マスキング。。ますきんぐ


j2001_20170311001804658.jpg j2002_20170311001805fd8.jpg j2003_201703110018071bc.jpg j2004_201703110017215d7.jpg j2005_201703110017260ac.jpg j2006_20170311001725041.jpg j2007_201703110017269de.jpg j2008_20170311001727d33.jpg j2009_2017031100172908a.jpg



フェンダーアーチ、サイドステップ、バンパー。。。


最近よく使われてる黒い例のアレですよ。


ここはしっかりとマスキングしておかないとバフが擦れたら後が大変ですからね。



マスキング終了~。。。


ではいつものコート前のひと磨き。。。j3001_20170311001651f51.jpg j3002_20170311001652814.jpg


黒は特にこの「ひと磨き」だいじです


メーカーを出てここに入ってくる間には何人もの人が乗り降りしてますし


もちろん、洗車だってされてます。


意外とあるんですよね。。小キズ、擦り傷。。。。


黒はそういったものがよく目立つんですよ。


せっかくのGlass coat です。


下地処理をキッチリとやってからでないと。。。ね



ポリッシング。。。スタートです。


ボンネットから。。。。。j3003_20170311001654284.jpg


j3004_201703110016554db.jpg j3005_20170311001656665.jpg j3006_20170311001658c62.jpg


                 


j3007_20170311001611f55.jpg j3008_20170311001612f50.jpg j3009_20170311001614b2e.jpg



こんな感じでパネル1枚1枚キッチリと仕上げていきます。


では残りのパネル。。一気に磨き上げていっちゃいますね



j3010_2017031100161518a.jpg j3011_201703110016174df.jpg j3012_201703110016183c0.jpg j3013_20170311001548ca3.jpg j3014_20170311001550b6c.jpg j3015_20170311001551baa.jpg j3016_2017031100155328a.jpg j3017_201703110015544e1.jpg j3018_20170311001556a0e.jpg j3019.jpg j3020.jpg j3021.jpg j3022.jpg j3023.jpg j3024.jpg j3025.jpg j3026.jpg j3027.jpg



ポリッシャーが入らない所はハンドポリッシャーで。。。。。


マスキングテープを取って。。j3028.jpg j3029.jpg



脱脂後。。完全どスッピン状態のJUKEくんです。


j4001_20170311001510301.jpg j4002_20170311001441b76.jpg j4003_201703110014432de.jpg j4004_20170311001444cda.jpg j4005_201703110014465e3.jpg j4006_20170311001447797.jpg j4007_201703110014491a9.jpg j4008.jpg


どうでしょうか。。この時点で新車よりも輝いてますよ


で、これでやっと下地処理が完了したわけです。


コーティングはこの下地処理にかかってますからね。


どんなにいいコート剤を使って施工してもここがきちんと出来ていないと意味がありません。





それでは。。。


コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤。。。。。b6009.jpg

この2タイプのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。。。

Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。

m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg

大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。

(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

当店ではこのコート剤をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。

上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。


これも私の「こだわり」ですかね



んじゃ、1st coat いっちゃいますね。。。j5001_20170311001414cb2.jpg j5002_20170311001415e35.jpg



ボンネット。。。


j5003_201703110014178a5.jpg j5004_20170311001418766.jpg j5005_201703110014209e5.jpg


               


j5006_20170311001350615.jpg j5007_20170311001352174.jpg j5008_20170311001353937.jpg



こちらもこんな感じでパネル1枚1枚キッチリと仕上げていきます。


j5010_201703110013567f8.jpg j5011_20170311001358a03.jpg j5012_2017031100132275b.jpg j5013_20170311001324b34.jpg j5014_20170311001325215.jpg j5015_20170311001326bb9.jpg j5016_20170311001328a3e.jpg j5017_2017031100133039b.jpg j5018_20170311001258fc3.jpg j5019_20170311001259d42.jpg j5020_20170311001301308.jpg j5021_20170311001302876.jpg j5022_20170311001304eb6.jpg j5023_201703110013053f9.jpg j5024.jpg j5025.jpg j5026.jpg j5027.jpg j5028.jpg j5029.jpg



もちろん。。。こういった所にも。。。


j5030.jpg j5031.jpg j5032.jpg j5033.jpg j5034.jpg j5035.jpg j5036.jpg j5037.jpg j5038.jpg j5039.jpg j5040.jpg j5041.jpg j5042.jpg j5043.jpg j5044.jpg j5045.jpg j5046.jpg


。。。ん?ゴツイ手が邪魔でよく見えんてか。。。すんませんねぇ


こういった所って結構汚れたりしちゃいますよね。


Glass coat しておけば洗車の際に水滴を軽く拭き取るだけでもかなりの間キレイを保てますよ。


手間と時間は掛かりますが。。。お勧めです



もちろんアルミホイールにもです。。。


j5047.jpg j5048.jpg j5049.jpg


ブレーキダストの付着を抑えますし簡単に洗い流せますよ。



更に更に。。。。j5050.jpg いつものようにキッチリとコートです。


あとは登録が完了したらナンバープレートにもコートしておきますよ。



で、この日の作業はここまで。。。j5051.jpg


この状態で一晩放置しておきます。。。翌朝まで硬化乾燥させておきます。


このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなってしまいますので。。。


同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますからね。


これもまた私の「こだわり」なんです



。。。と、いうわけで。。。。。

     
     。
     。
     。
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。



こちらが寝起きのJUKEくんですぢゃ。


j6001_20170311001057571.jpg j6002_2017031100102752f.jpg j6003_20170311001029074.jpg j6004.jpg j6005.jpg j6006.jpg j6007.jpg


このコート剤は硬化すればするほど光沢度もUPします。


結構イイ感じに輝いてますよ


ホントいつもここで思うんですけど。。。これで充分なのでは。。。と


ウソですよ


1コートよりも2コートですよ



2nd coat 。。。いっちゃいます j7001_2017031100100068b.jpg j7002_2017031100100285a.jpg



作業そのものは1st coat とほぼ同じなんですが


このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。



ボンネット。。。。。


j7003_20170311001003f3b.jpg j7004_20170311001004cf0.jpg j7005_201703110010063b9.jpg


               


j7006_2017031100100860f.jpg j7007_20170311000936dd2.jpg j7008_20170311000938d8a.jpg



ではここからは一気に。。。。。


j7009_20170311000939ce5.jpg j7010_201703110009408e1.jpg j7011_20170311000942431.jpg j7012_20170311000943268.jpg j7013_20170311000912707.jpg j7014_20170311000912c41.jpg j7015_201703110009144ea.jpg j7016_20170311000915387.jpg j7017_20170311000917cc8.jpg j7018_20170311000918be8.jpg j7019_20170311000843b92.jpg j7020_201703110008459c3.jpg j7021_201703110008465a8.jpg j7022_20170311000848d59.jpg j7023_20170311000849467.jpg j7024_201703110008519ed.jpg j7025_20170311000815f5d.jpg j7026_20170311000816eea.jpg j7027_2017031100081866e.jpg j7028_201703110008190d2.jpg j7029_20170311000820ebd.jpg j7030_201703110008221a4.jpg j7031_20170311000752adb.jpg j7032_20170311000754902.jpg j7033_20170311000755f83.jpg j7034_20170311000756a84.jpg j7035_20170311000758190.jpg j7036_20170311000800a08.jpg j7037.jpg j7038.jpg j7039.jpg j7040.jpg j7041.jpg


2nd coat 終了です。。。


隅々までキッチリとコートさせて頂きました


いつものように硬度チェック用のサンプルを取って(ブルーのちっこいスポンジ)


こいつの硬化具合をみて納車日を決めております。


ここのところ乾燥しきってますので施工終了後、暖房入れて加湿器ONして3時間くらいはそのままにしておきます。


Glass coat 本気で施工するにはブースに空調が絶対に必要ですね。




ふぅ。。。ちょいとばかし休憩ぢゃな




でもって、こちらが完成画像です。



j8001_20170311000725d01.jpg j8002.jpg j8003.jpg j8004.jpg j8005.jpg j8006.jpg j8007.jpg j8008.jpg j8009.jpg j8010.jpg j8011.jpg j8012.jpg j8013.jpg j8014.jpg j8015.jpg j8016.jpg j8017.jpg j8018.jpg j8019.jpg j8020.jpg j8021.jpg j8022.jpg j8023.jpg j8024.jpg j8025.jpg j8026.jpg j8027.jpg j8028.jpg j8029.jpg j8030.jpg j8031.jpg j8032.jpg j8033.jpg j8034.jpg j8035.jpg j8036.jpg j8037.jpg j8038.jpg j8039.jpg j8040.jpg j8041.jpg j8042.jpg j8043.jpg j8044.jpg j8045.jpg j8046.jpg j8048.jpg j8049.jpg


どうでしょうか。。とってもイイ感じに仕上がりましたよ


やはり黒にGlass coat。。。映えますねぇピッカピカのテッカテカですよ


硬化すれば更に光沢度も増しますからね。



今回も納得の作品に仕上がりました。。。ありがとうございました。


ここから先はFさまのお手入れしだいですよ


コマメな洗車。。。これが一番ですからね。


何日に一回。。。ではなく、汚れたら洗車です。


ブラックボディーは管理が大変ですけど


しっかりと愛情を注いであげればこれくらい綺麗な色はありませんからね。


Glass coat していれば洗車は超~楽ちんですので


慣れればお出かけ前の30分でも充分可能ですよ。


ピッカピカのJUKEくんで。。。これからだとお花見なんてのもいいですよね


今回は本当にありがとうございました



それでは最後にいつものスッキリどや顔を。。。。。



j9001.jpg


う~ん。。。Goodですぢゃ



カテゴリ: ガラスコート(新車)

[edit]

Posted on 2017/03/11 Sat. 00:58    TB: 0    CM: 0

☆ NISSAN SERENA Highway star ☆  

いきなりですが。。


たまにはイントロなしで




今回のお車はこちら。。。。。


s1001_20170228234853429.jpg s1002_20170228234855ca3.jpg


日産セレナ ハイウェイスター カラー/パールホワイト


オーナーのMさま。。。


このブログを見られてのお客さまです。。。感謝、感謝です。


今回はMさまからお電話でのお問合せを頂きまして。。。


作業内容はブログで見てるので。。。ということで即決頂きました。


ナビ等の取り付けも。。と一緒にご依頼くださったのですが


そちらはお力になれず申し訳ございませんでした


しかし、たまたま4日ほど空いてたその時に施工出来て良かったです。


タイミングがバッチリホント良かったですわ



ここのところ。。ありがたいことにブログからのお客さまも増えてきてまして。。。


月に1日の休みが取れるかどうか。。。みたいな


まっ、一馬力ですからね


かと言ってなかなか他の人には任せられないんですよねぇ。。。この性分なんで


年式結構古いですけど、まだまだ突っ走りまっせぇこのおっさん



さあ、今夜も頑張ってUP,UPぢゃ



まずは洗車から。。。


s1003_20170228234856129.jpg s1004_20170228234858f22.jpg


おおっといきなりキズが。。。。。s1005_201702282348591cc.jpg


あとでMさまにお聞きするとご自分でテールランプを外されたときに当たったみたいで。。。


まっ、この程度のキズは大丈夫でしょう。。下地処理の際に取っておきますね



よっしゃ、マスキング。。ますきんぐ


s2001_20170228234823356.jpg s2002_20170228234825d69.jpg s2003_201702282348264e8.jpg s2004_20170228234828f59.jpg s2005_20170228234829c52.jpg s2006_20170228234831bef.jpg s2007_201702282347540e5.jpg s2008_201702282347568a1.jpg s2009_201702282347571f1.jpg


いつもどおり隅々までキッチリと磨き上げたいのでここは念入りに。。。


で、ポリッシング準備完了です。s3001_2017022823475915a.jpg s3002_20170228234800e39.jpg


いつもの相棒。。ギヤアクションP&ウレタンバフ


研磨剤はRipicaスーパーコンパウンド超微粒子ノンシリコン。。。


コート前のこのひと磨き。。とっても重要なんですよ


磨きを入れることによって小キズ、擦り傷等々の除去


と、同時に光沢度もUPしますしね。


けど、ここでの一番の目的はコート剤との密着度を上げてやるってことなんです。


納車時にボディー表面に付けられたWAX,シリコン等はコーティングには大敵。。。


コート剤とボディーとの間には何もない方がいいに決まってますから



てなワケで。。。一気に磨き上げさせて頂きます


s3003_20170228234801a68.jpg s3004_20170228234723d59.jpg s3005_20170228234724e94.jpg s3006_20170228234726144.jpg s3007_201702282347279f7.jpg s3008_2017022823472970e.jpg s3009_20170228234730b75.jpg s3010_201702282346572b0.jpg s3011_20170228234658110.jpg s3012_20170228234700752.jpg s3013_20170228234702cde.jpg s3014_20170228234703595.jpg s3015_2017022823470556d.jpg s3016_201702282346305ac.jpg s3017_20170228234632ddc.jpg s3018_20170228234633754.jpg s3019_20170228234635572.jpg s3020_20170228234637159.jpg s3021_201702282346383bd.jpg s3022_201702282346023d7.jpg s3023_20170228234603b98.jpg s3024_20170228234605094.jpg s3025_20170228234606dd1.jpg s3026_20170228234608dcf.jpg s3027_20170228234610a22.jpg s3028_20170228234535d70.jpg s3029_20170228234536d51.jpg s3030_20170228234538ae4.jpg s3031_2017022823453995a.jpg s3032_201702282345414e2.jpg s3033_201702282345434b9.jpg s3034_20170228234512baf.jpg s3035_20170228234514490.jpg s3036_2017022823451559d.jpg s3037_20170228234517813.jpg s3038_20170228234518cd4.jpg s3039_20170228234520268.jpg


ポリッシャーが入らない所はハンドポリッシャーでキッチリと磨き上げさせて頂きました。


で、こちらが完全どスッピン状態になったセレナくんです。


s4001_201702282344436fb.jpg s4002_20170228234445c72.jpg s4003_20170228234446eef.jpg s4004_20170228234447c2c.jpg s4005_20170228234449c55.jpg s4006_20170228234450bcc.jpg s4007_20170228234334db9.jpg s4008_20170228234336360.jpg s4009_20170228234337594.jpg s4010_20170228234339548.jpg s4011_20170228234341f68.jpg s4012_201702282343421dd.jpg s4013_20170228234253e36.jpg


どスッピンですがこの時点ですでに新車よりも輝いてますよ


これでやっと下地処理が完了です。。。ふぅ~、ちょいと休憩ですな






それでは。。。


コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤。。。。。b6009.jpg

この2タイプのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。。。

Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。

m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg

大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。

(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

当店ではこのコート剤をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。

上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。


これも私の「こだわり」ですかね




1st coat  いっちゃいます。。。s5001_20170228234254ba6.jpg s5002_20170228234256e91.jpg


まずはボンネットから。。。


s5003_20170228234257bc4.jpg s5004_201702282342580ca.jpg s5005_201702282343006ab.jpg


             


s5006_20170228234229b12.jpg s5007_2017022823423073c.jpg s5008_2017022823423235d.jpg



ルーフ。。。。。


s5016_201702282342143a9.jpg s5017_2017022823421675d.jpg s5018_201702282341429c5.jpg


            


s5019_201702282341435b8.jpg s5020_20170228234145916.jpg s5021_20170228234147b8c.jpg s5022_20170228234148623.jpg



こんな感じでパネル1枚1枚キッチリと仕上げていきます。


では、残りのパネルを一気に。。。。。


s5009_20170228234233daf.jpg s5010_201702282342357e1.jpg s5011_2017022823423630b.jpg s5012_2017022823420877f.jpg s5013_20170228234210de0.jpg s5014_20170228234211527.jpg s5015_20170228234213d93.jpg s5023_20170228234149645.jpg s5024_20170228234121173.jpg s5025_201702282341237d1.jpg s5026_20170228234125c18.jpg s5027_20170228234126b79.jpg s5028_20170228234127f93.jpg s5029_2017022823412914b.jpg s5030_201702282340519d7.jpg s5031_2017022823405290e.jpg s5032_20170228234054de9.jpg s5033_201702282340554f3.jpg s5034_20170228234057db3.jpg s5035_201702282340587b1.jpg s5036_20170228234026240.jpg s5037_201702282340275a7.jpg s5038_201702282340295a4.jpg s5039_20170228234030638.jpg s5040_201702282340327ac.jpg s5041_201702282340337b7.jpg s5042_201702282340025b6.jpg s5043_201702282340036e9.jpg s5044_2017022823400541d.jpg s5045_20170228234006996.jpg s5046_20170228234008389.jpg s5047_20170228234009e5a.jpg s5048_20170228233938ee9.jpg s5049_20170228233940e07.jpg s5050_2017022823394173b.jpg s5051_20170228233943c09.jpg s5052_201702282339444d9.jpg



更にはこういった所にも。。。


ドアを開けた内側って結構汚れちゃうんですよね、これが


こういった所にこそGlass coatなんですよ


洗車した後にドアを開けて水滴を軽く拭き取ってあげるだけで充分ですから是非


s5056_201702282339178ca.jpg s5057_20170228233919386.jpg s5058_20170228233920838.jpg s5059_20170228233922355.jpg s5060_20170228233847937.jpg s5061_2017022823384945b.jpg s5062_201702282338500c3.jpg s5066_20170228233817c6f.jpg s5067_201702282338182d2.jpg



もちろんアルミホイールにも。。。。。


ブレーキダストの汚れって結構キツイですからねぇ。。。


Glass coat しとくとホント楽ちんですから


s5064_201702282338536ea.jpg s5065_201702282338553c9.jpg


取り外しておいたワイパーアーム、ナンバープレートにも。。。s5071_20170228233824fb4.jpg


ワイパーアームに関しましてはフラット塗装のものが殆どですので効果は??


でもまあ、小さな抵抗かもしれませんがしないよりはいいかなと


ナンバープレートは効果バッチリ


最近では殆どの方が希望ナンバーを付けられてます。。。


せっかく買われた思い入れのあるナンバープレートですしね。


やはりプレートもボディー同様キレイなままの方がいいでしょう


ナンバープレートの塗装はエナメル系の塗料でしかもクリヤー塗装も施されていません。


なので直ぐに汚れてしまうし、虫などが付いたりなんかするとゴシゴシやっても取れなかったり。。


月日が経つとやがて風化が始まりプレート全体がくすんで粉を吹いたようになりますし。。。


と、まあこういったこともこのGlass coat することによって殆どが解決しちゃいます。


ただし、「汚れたら洗車」これが出来ないのであればどんなに素晴らしいGlass coatしても意味ありません。


とにかくまずは洗車をしてみてください。


ホント簡単に汚れが取れちゃいますから


このセレナクラスでしたら慣れると洗車から拭き取りまで30分もあれば充分ですので



おーーー、またまた長くなっとるでぇ。。。すんません


え~~っと


ハイ、1st coat 。。。終了~


s5068_20170228233820012.jpg s5069_20170228233821517.jpg



この日の作業はここまで。。。


この状態で一晩放置して硬化乾燥をさせておきます。


同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますからね。


このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなってしまいますので。。。


これもまた私の「こだわり」なんです




。。。と、いうわけで。。。。。

     
     。
     。
     。
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。


私も一晩ぐっすり寝かせてもらってフルチャージ完了ですぢゃ



こちらがSERENAくんの寝起き画像となります。。。


s6001_20170228233752a6b.jpg s6002_20170228233754eb3.jpg s6003_20170228233755fcf.jpg s6004_20170228233757fea.jpg s6005_201702282337585ba.jpg s6006_20170228233800d76.jpg s6007_2017022823372945b.jpg s6008_2017022823373057d.jpg s6009_20170228233731c38.jpg s6010_20170228233733c80.jpg s6011_20170228233734fe3.jpg s6012_20170228233736086.jpg s6013_20170228233700eab.jpg



このコート剤は硬化すればするほど光沢度もUPしてきます。


なので1coat でも充分な光沢です


。。。ですがぢゃ欲どおしい私としましてはまだまだ~



2nd coat 。。。いっちゃいます。


作業自体は1st coat と殆ど同じなんですけど


このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。


では。。。。。s7001_20170228233702cfa.jpg s7002_20170228233703933.jpg


一気に。。。。。


s7003_20170228233705056.jpg s7004_201702282337067f0.jpg s7005_20170228233708813.jpg s7006_20170228233634162.jpg s7007_20170228233636814.jpg s7008_20170228233637284.jpg s7009_201702282336399d3.jpg s7010_2017022823364182a.jpg s7011_20170228233642033.jpg s7012_20170228233611034.jpg s7013_20170228233613c4c.jpg s7014_20170228233614626.jpg s7015_20170228233616b78.jpg s7016_201702282336174c6.jpg s7017_20170228233619284.jpg s7018_20170228233547c68.jpg s7019_201702282335482ca.jpg s7020_2017022823355063e.jpg s7021_2017022823355116d.jpg s7022_20170228233553b7d.jpg s7023_2017022823355428e.jpg s7024_201702282335202f9.jpg s7025_20170228233521971.jpg s7026_20170228233523da4.jpg s7027_20170228233524f39.jpg s7028_20170228233526669.jpg s7029_2017022823352772d.jpg s7030_2017022823345370f.jpg s7031_20170228233455a94.jpg s7032_20170228233456b23.jpg s7033_20170228233458222.jpg s7034_201702282334599fb.jpg s7035_20170228233501fa2.jpg s7036_20170228233431310.jpg s7037_20170228233432723.jpg s7038_20170228233433346.jpg s7039_20170228233435c89.jpg s7040_201702282334364f8.jpg s7041_20170228233438997.jpg s7042_201702282334012c3.jpg s7043_20170228233402b29.jpg s7044_20170228233403c60.jpg s7045_20170228233405495.jpg


エンジンルーム内にも。。。。。


s7048.jpg s7049.jpg


そして最後に。。。s7050.jpg s7051.jpg


スポンジの一番下にあるブルーのちっこいスポンジ。。。


こいつの硬化具合をみて納車日を決めております。


当店では硬化してからでないと絶対に外には出しません。


ガラス系コートのように施工後直ぐに納車ってのはありえませんので。。。



で、2nd coat 終了~~s7046_201702282334072b6.jpg s7047.jpg


取り外しておいたパーツを組み付けて。。。




こちらが完成画像となります。


s8001_20170228233341d1d.jpg s8002_20170228233308d45.jpg s8003_20170228233310d27.jpg s8004_20170228233311b88.jpg s8005_201702282333130fa.jpg s8006_20170228233314dcd.jpg s8007_2017022823331613a.jpg s8008_20170228233241553.jpg s8009_201702282332434ba.jpg s8010_2017022823324448b.jpg s8011_20170228233246e7d.jpg s8012_20170228233247e46.jpg s8013_201702282332492ff.jpg s8014_2017022823321693c.jpg s8015_20170228233218626.jpg s8016_20170228233219526.jpg s8017_20170228233221bb2.jpg s8018_20170228233222b01.jpg s8019_20170228233224f05.jpg s8020_2017022823315110d.jpg s8021_20170228233153488.jpg s8022_201702282331547df.jpg s8023_201702282331566b6.jpg s8024_20170228233157658.jpg s8025_20170228233159163.jpg s8026_201702282331245f5.jpg s8027_20170228233125e50.jpg s8028_20170228233127b2a.jpg s8029_20170228233128eb7.jpg s8030_20170228233130e97.jpg s8031_20170228233131825.jpg s8032_20170228233053d87.jpg s8033_2017022823305500b.jpg s8034_201702282330569c9.jpg s8035_2017022823305895d.jpg s8036_20170228233059d9e.jpg s8037_2017022823310100b.jpg s8038_20170228233028057.jpg s8039_20170228233027f85.jpg s8040_201702282330292f7.jpg s8041_20170228233030a01.jpg s8042_20170228233033fac.jpg s8043_201702282330342ff.jpg s8044_20170228232959470.jpg s8045_20170228233000316.jpg s8046_20170228233002c3a.jpg s8047_20170228233003999.jpg s8048_20170228233005fdf.jpg s8049_20170228233007b28.jpg s8050_20170228232935a85.jpg s8051_2017022823293632e.jpg s8052_201702282329378ad.jpg s8053_20170228232939619.jpg s8054_201702282329013de.jpg s8055_20170228232903d6f.jpg s8056_20170228232904002.jpg s8057_20170228232906589.jpg s8058_20170228232907360.jpg s8059.jpg s8060.jpg



とってもイイ感じに仕上がりましたよ


いつも通りですが、可能な限り隅々までキッチリとコートさせて頂きました。


このまま納車まで。。そうですねぇ、今の時期でしたら3,4日ってところでしょうか。


もう少しの間ブース内で硬化乾燥させておきます。


硬化してMさまにお渡し出来る頃には更に輝いてますよ。



で、ここでMさまから追加作業のご依頼が。。。。s9001_20170228232841542.jpg


ドアミラー・オートリトラクタブルハーネスKITの取り付けです。


いつもですとこういった取り付けものはコーティングの前にするのですが


幸いにも今回は運転席ドアの内張りを脱着するだけでしたので大丈夫でした


s9003_20170228232844aec.jpg c26と同じですね。。でも、ちと硬かったっス


今の時期は冷えててピンもカチてますのでヒートガン当てながら作業させて頂きました。


でもって、ハーネス&リレーを組み付けて。。。


s9004_20170228232814e78.jpg s9005_20170228232816d0d.jpg s9006_20170228232817b90.jpg


配線はしっかりとクランプしておきました。


s9008_2017022823282247e.jpg 。。ハイ、終了~



んなワケで。。。。。


今回も納得の作品に仕上がりました。。。ありがとうございました。


ここから先はMさまのお手入れしだいです


お手入れって言っても「洗車」だけです。


汚れたら洗車雨が上がったら洗車遊びに行く前に洗車帰って来たらまたまた洗車


暇さえあれば洗車、洗車。。。ここまでやるとたぶん奥様に叱られるでしょうけど


でも、大切なお車ですからね男の大事な超高級おもちゃですから



Mさま。。


今回はたくさんある施工店の中から当店をお選びくださいまして誠にありがとうございました。


これを機会にまた何かございましたらその節にはどうぞ宜しくお願い致します。



最後にいつものスッキリどや顔を。。。。。


s8059.jpg s8060.jpg


おお~男前ぢゃあ





ふぅ。。。今回も長くなっちゃいましたねぇ


てなワケで。。。今夜もやり切ったところで


落ちます。。。。。。。。。。。おやすみなさいませ




カテゴリ: ガラスコート(新車)

[edit]

Posted on 2017/03/03 Fri. 01:08    TB: 0    CM: 0

☆ NISSAN DAYZ ROOX Highway star ☆ 

一雨ごとに春の予感が。。。。


けど、春の嵐また来そうですねぇ


今年は春一番が3,4回は吹くみたいですって


これも地球温暖化の影響なんでしょうかねぇ。。。


この忙しい時期に雨とか風はホントどうでもいいっス


納車の段取りが狂ってしまってもう大変ですわ



さあ、今夜も頑張ってUPしまっせぇ


。。。。最後まで持つかな。。。




今回のお車はこちら。。。。。


d1001_201702192325133de.jpg d1002_2017021923251580e.jpg


日産デイズ ルークス ハイウェイスター H27年式。。。


とってもキレイなお車ですねぇ


オーナーのNさま。。。


このブログを見てくださってのお客さまです。。。ありがとうございます


今回もいつも通り、事前にお越し頂いて色々とお話をさせて頂きました。


その節はお忙しい中わざわざお越し頂きまして誠にありがとうございました。



に、しても


このブログもスタートしてもう7年目に突入です。。。


ホント、今までにたくさんの方からお問合せを頂いたり


またこうして施工させて頂いたり。。。ありがたいことです。


やってることが同じなのでいつも同じ内容の記事になってしまいますけど。。。


まっ、こればっかりは仕方ありませんね


お客さまからお預かりした大切なお車。。


どのように施工したのかをお客さまにちゃんとご報告するための


言わば作業日報のようなものですので


私がやったことをそのまんま記事にしております。


文章力もなく、ただ画像が多いだけの記事ですが


オーナーの方に少しでも多くお伝え出来ればと。。。



そんなワケで


今回も頑張ってピッカピカに仕上げさせて頂きます



まずは洗車ですね。。。


いつものように下回り、タイヤハウスの中バンパーの裏側、隙間。。等々


小石、砂を噛んでいそうな箇所を高圧洗浄して。。。d1003_20170219232516cb4.jpg




ボディーはチェックも兼ねて優しく手洗い。。。d1004_20170219232518e49.jpg



拭き取りながら更にチェック。。。


d1005_2017021923245370f.jpg d1006_20170219232454a29.jpg d1007_20170219232456b76.jpg d1008_20170219232457dac.jpg


納車されて間がないのもあってホント綺麗なおくるまですね


若干の小キズ、磨きキズ。。それと隙間に残った汚れ、水垢。。これくらいです。


けど、どうせコーティングするのであれば、


私といたしましてもやはりこういったものを見て見ぬふりは出来ません。


ちゃんと除去してからでないと。。。ね



んなワケで、いつもの「こだわりの研磨加工」っす。



マスキング。。ますきんぐ


d2001_20170219232459cba.jpg d2002_201702192324260e5.jpg d2003_201702192324283af.jpg d2004_201702192324293f9.jpg d2005_20170219232430203.jpg d2006_20170219232432f15.jpg d2007_201702192322438e1.jpg d2008.jpg


ポリッシング準備完了です。


磨かなくていい所、磨いてはいけない所。。。


けど、隅々までキッチリと磨き上げたい。。


けど、けど高回転しているバフでキズなど入ったら大変です


それこそお客さまからお預かりしている大切なお車ですからね。。。


なので、このマスキング。。時間が掛かってもここはキッチリとです。



d3001_20170219232246290.jpg d3002_20170219232247395.jpg


シングルアクションP&ウールバフで小キズ、研磨キズ等を軽く除去していきます。


もちろんバフは新品です。。。当たり前ですけどね


まずはボンネットを仕上げてみましょう。。。


d3003_20170219232248d24.jpg d3004_20170219232216187.jpg d3005_2017021923221965e.jpg


       


d3006_201702192322192e8.jpg d3007_201702192322213e2.jpg



ギヤアクションP&ウレタンバフで仕上げていきます。


研磨剤はRipicaスーパーコンパウンド超微粒子 0.3ミクロン(ノンシリコン)


d3008_2017021923222242d.jpg d3009_20170219232149880.jpg


d3010_20170219232150acb.jpg d3011_201702192321548cb.jpg d3012_20170219232155247.jpg


             


d3014_20170219232125e66.jpg d3013_2017021923215548a.jpg d3015_201702192321275ea.jpg



こんな感じでパネル1枚1枚キッチリと磨き上げていきます。


では、残りのパネル。。一気に



d3016_2017021923212895f.jpg d3017_20170219232129663.jpg d3018_20170219232131f27.jpg d3019_2017021923204738b.jpg d3020_20170219232045eb2.jpg d3021_201702192320476d3.jpg d3022_2017021923204824e.jpg d3023_20170219232050e80.jpg d3024_20170219232011d7d.jpg d3025_201702192320136b9.jpg d3026_20170219232014dfe.jpg d3027_20170219232016a5a.jpg d3028_2017021923201701a.jpg d3029_2017021923194420d.jpg d3030_201702192319458e2.jpg d3031_201702192319476dd.jpg d3032_20170219231948494.jpg d3033_20170219231950665.jpg


ドアガラスのサッシ部分。。。d3034_20170219231916b60.jpg ここはシールテープなのでちょいと慎重に


d3035_20170219231917890.jpg d3036_20170219231919e4c.jpg d3037_20170219231920a2f.jpg d3038.jpg d3039.jpg d3040.jpg d3041.jpg d3042.jpg d3043.jpg d3044.jpg d3045.jpg d3046.jpg d3047.jpg d3048.jpg


アルミホイールはポリッシャーでは無理なので。。。


d4015.jpg  超スペシャルツールハンドポリッシャーでゴシゴシですぢゃ


このようにポリッシャーが入らない所は手作業で磨いていきます。


汗かいた分キレイになっていきますからね



でもって、磨き上がって完全どスッピン状態になったDAYZくんがこちら。。。


d4001_201702192316345ca.jpg d4002_20170219231635b03.jpg d4003_201702192316371f2.jpg d4004_20170219231638fea.jpg d4005_201702192316406a8.jpg d4006_20170219231608488.jpg d4007_20170219231609b15.jpg d4008_20170219231610e13.jpg d4009_20170219231612ccd.jpg d4010_20170219231614b9c.jpg d4011_20170219231542e83.jpg d4012.jpg d4013.jpg d4014.jpg d4016.jpg



イイ感じに磨き上がりましたよ


この「完全どスッピン状態」。。これも凄く大切なことなんです。


下地処理をすることによって小キズの除去は当然ですが


何よりも一番の目的は「コート剤との密着度を上げてやる」ってことなんです。


ボディー表面とコート剤との間には何もないのがBESTなんです





てなワケで。。。今日の所はこれくらいにしといちゃろ


明日の朝、再度チェックしてコーティングです。。。私の腕もパンパンですしね


     
     。
     。
     。
     。
     。
     あさァ~~


よっしゃあ ええ目覚めぢゃフルチャージ完了~


まずは。。。チェック、チェック


d5001_20170219231513217.jpg d5002_20170219231515fbe.jpg  バッチリです




それでは。。。


コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤。。。。。b6009.jpg

この2タイプのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。。。

Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。

m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg

大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。

(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

当店ではこのコート剤をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。

上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。(今回2度目ですな^^)


これも私の「こだわり」ですかね




1st coat  いっちゃいます。


d5003_20170219231516ae2.jpg d5004_20170219231517911.jpg



d5005_201702192314325a8.jpg d5006_20170219231434df4.jpg d5007_20170219231436a60.jpg


                    


d5008_20170219231437e75.jpg d5009_201702192314385b5.jpg d5010_20170219231357667.jpg



ルーフ。。。


d5011_20170219231359769.jpg d5012_20170219231400d61.jpg d5013_2017021923140188f.jpg


          


d5014_20170219231403b0d.jpg d5015_20170219231111da6.jpg d5016_20170219231112639.jpg d5017_201702192311147ae.jpg d5018_20170219231115998.jpg d5019_20170219231117b22.jpg



こんな感じでパネル1枚1枚キッチリと仕上げていきます。



残りのパネル。。。一気にいっちゃいます。


d5020_2017021923103965b.jpg d5021_2017021923104099b.jpg d5022_20170219231042590.jpg d5023_20170219231043b1e.jpg d5024_20170219231045382.jpg d5025_2017021923100607d.jpg d5026_20170219231007980.jpg d5028_20170219231010656.jpg d5029_2017021923101219d.jpg d5030_20170219230915770.jpg d5031_20170219230917598.jpg d5032_20170219230918056.jpg d5033_20170219230919acc.jpg


更にはこういった所にも。。。


d5027_20170219231009bd8.jpg d5034_20170219230921b32.jpg d5035_201702192308396ed.jpg d5036_20170219230841622.jpg d5037_2017021923084268d.jpg d5038.jpg d5039.jpg d5040.jpg d5041.jpg d5042.jpg d5043.jpg d5044.jpg d5045.jpg d5046.jpg


外観がいくらキレイでもドアを開けたときにこういった所が薄汚れていたら気分も


なのでここにもしっかりとコートしておきます。


洗車の際に毎回水滴を軽く拭き取ってるだけでもこの状態をキープ出来ますので


結構な手間なんですけど、もし自分の車だったらここまではコートしてて欲しいよなぁ。。。って


思った所にはしております。



更に。。更に。。


d5051.jpg d5052.jpg d5053.jpg d5054.jpg


カウルパネル、アルミホイール、取り外しておいたワイパーアーム、ナンバープレート。。等々


タイヤとガラス以外は可能な限りコートしております



はい、これで1st coat 終了となります。


d5056.jpg d5057.jpg d5058.jpg



で、この日の作業はここまで。。。


この状態で一晩放置して翌朝まで硬化乾燥させておきます。


このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなってしまいますので。。。


同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますからね。


これもまた私の「こだわり」なんです



。。。と、いうわけで。。。。。

     
     。
     。
     。
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。


こちらが寝起きのDAYZくん。。。


d6001_20170219230404add.jpg d6002_20170219230405a4c.jpg d6003_20170219230407bc7.jpg d6004_20170219230408ac4.jpg d6005_20170219230410265.jpg d6006_201702192303303cb.jpg


おおー朝っぱらからスッキリしてますなぁ


私とはエライ違いぢゃ


昨日コートしたばかりの状態はコート剤が硬化をしていない状態。。。液状ですな。


一晩寝かせたことによって被膜表面が硬化しこの光沢が出てくるってワケです。


このコート剤は硬化すればするほど光沢度もUPします。


しかも、当店のコートは2コート。。。


ここに更にもう1コートいっちゃうわけです


欲どおしい私は更なる光沢を求めて。。。



2nd coat  いっちゃいますよ。


施工方法自体は1st coat と殆ど同じなんですが


このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。


Hi Glass coat と違って施工方法にちょいとばかしコツが必要となります


では。。。。。


d6007_20170219230332fdd.jpg d6008.jpg 。。。気温。。低いっス


d6009.jpg d6010.jpg


       


d6011.jpg d6012.jpg d6013.jpg



気合い入れて一気に。。。。。


d6014.jpg d6015.jpg d6016.jpg d6017.jpg d6018.jpg d6019.jpg d6020.jpg d6021.jpg d6022.jpg d6023.jpg d6024.jpg d6025.jpg d6026.jpg d6027.jpg d6028.jpg d6029.jpg d6030.jpg d6031.jpg d6032.jpg d6033.jpg d6034.jpg d6035.jpg d6036.jpg d6037.jpg d6038.jpg d6039.jpg d6040.jpg d6041.jpg d6042.jpg d6043.jpg d6044.jpg d6045.jpg d6046.jpg d6047.jpg d6048.jpg d6049.jpg d6050.jpg d6051.jpg d6052.jpg d6053.jpg d6054.jpg d6055.jpg d6056.jpg d6057.jpg d6058.jpg d6059.jpg d6060.jpg


2nd coat 終了~。。。


ふぅちょいと休憩ぢゃな。。


先日、以前に施工されたお客さまが言われてましたが


「ナンバープレートを見てたらコート被膜がいつまでもあるのが分かる」。。って


そうなんですナンバープレートってのは表面にクリアー処理をされていないんですよね。


そこにこのGlass coat を施工することによって、いわゆるクリアー膜が出来るわけです。


ナンバープレートって虫が付いただけでも落とすの大変ですよね。


月日が経つと風化して塗装面が粉吹いたみたいになっちゃいますし


でも、そういったことがこのコートで払拭されちゃいます。


それはそこに硬い被膜があるからです。


そこにあるってことはボディー塗装面にもあるってことになりますからね


かと言って、Glass coat してるから少々汚れたままほっといても大丈夫。。。


ってことではありませんよ。


大切なお車。。汚れたら洗車これが大切です。


お手入れは基本的には水洗いの手洗い。。。もちろんWAX不要


もしどうしても洗車機へ。。。って時もWAX洗車はです。


一番安い、水洗い洗車でOKです。。。


出来れば優しく手洗いして頂きたいですけどね


汚れが溜る前にコマメな洗車。。。これが一番ですよ




んなワケで。。。


こちらが完成画像となります。


d7001_201702192256524ad.jpg d7002_20170219225653b99.jpg d7003_20170219225655579.jpg d7004_20170219225657589.jpg d7005_201702192256589df.jpg d7006_20170219225612604.jpg d7007_20170219225613c6b.jpg d7008_20170219225615c61.jpg d7009_20170219225617dc9.jpg d7010_201702192256183f9.jpg d7011_20170219225543b5e.jpg d7012_20170219225545e4d.jpg d7013_20170219225546d24.jpg d7014_201702192255479aa.jpg d7015_20170219225549b53.jpg d7016_201702192253275b9.jpg d7017_20170219225328459.jpg d7018_20170219225330c27.jpg d7019_20170219225331a1f.jpg d7020_2017021922533311f.jpg d7021_20170219225252159.jpg d7022_20170219225254e94.jpg d7023_2017021922525507b.jpg d7024_201702192252576ac.jpg d7025_201702192252581f6.jpg d7026_201702192252088f3.jpg d7027_201702192252105a4.jpg d7028_20170219225211e6c.jpg d7029_20170219225213ca0.jpg d7030_20170219225214b8c.jpg d7031_20170219225121d86.jpg d7032_20170219225122acb.jpg d7033_201702192251230cf.jpg d7034_2017021922512464f.jpg d7035_201702192251275c2.jpg d7036_2017021919162271f.jpg d7037_201702191916244b1.jpg d7038_20170219191626c6c.jpg d7039_20170219191627845.jpg d7040_20170219191628bee.jpg d7041_20170219191514cb8.jpg d7042_20170219191515ab3.jpg d7043_20170219191517d38.jpg d7044_2017021919151803b.jpg d7045_201702191915204a4.jpg d7046_20170219191444d61.jpg d7047_201702191914464aa.jpg d7048_20170219191447183.jpg d7049_20170219191448a1c.jpg



どうでしょうか、とってもイイ感じに仕上がりましたよ


納車が出来る硬度になるまではこのままこのブース内にて硬化乾燥させておきます。


Nさまにお渡し出来る頃には更に輝いてますよ



今回も納得の作品に仕上がりました。。。ありがとうございました。


また、Nさま、今回はたくさんある施工店の中から当店をお選びくださいまして誠にありがとうございました。


これを機に今後とも何かございましたらその節にはどうぞ宜しくお願い致します


。。。実はNさまには更にもう1台施工依頼を頂いておりまして。。。


重ね重ね本当にありがとうございます


もちろん、そちらのお車も今回同様キッチリと仕上げさせて頂きますので


どうぞ宜しくお願い致します。



最後にいつもの。。。スッキリどや顔を


d8001_201702191914507f6.jpg


Goodです。。。男前ぢゃあ





ふぅ。。。何とか持ちました

ケド。。もう限界ですぢゃ

。。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。落ちますおやすみなさいませ






カテゴリ: ガラスコート(中古車)

[edit]

Posted on 2017/02/22 Wed. 01:48    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード